heading1

物理 を学びに様々な人たちがフィズヨビに集まってくる。自ら学びたいという意志を持った人たちが一歩踏み出すと、
ドラマが始まる。自分たちが創り出したドラマのシナリオの中に、それぞれが役割を見つけて活躍すると未来がやってくる。
そのとき、私たちも、自然の一部であり、自然の摂理に従っている存在なのだということを知る。

田原の微積物理入門(無料)

多様な自然現象を唯一の原理から説明するところに物理の美しさがあります。
微積分を使うと高校物理の教科書には載っていない物理の体系の美しさに触れることができます。

第1講 微積分入門

講義時間:30分
講義形式:mp4動画

第2講 微積で学ぶ力学

講義時間:80分
講義形式:mp4動画

* スマートフォン、タブレット、PC(Windows, Mac)から受講可能です。    
* 無料メルマガ「フィズヨビ通信」に自動登録になります(いつでも解除可能です)
 

田原真人とは

プロフィール

早稲田大学理工学部応用物理学科から同大学院博士課程に進む。「カオス理論」や「自己組織化現象」を学び、単細胞生物が合体することによって多細胞生物というメタレベルの<いのち>を創発させるメカニズムを研究。

その後、予備校講師になり、河合塾などで10年以上物理を教える。物理が本当に理解できれば入試問題も解けるようになるという信念のもと、微分積分とたとえ話を駆使して説明する「田原の物理」を確立。2005年に当時としては珍しいネット予備校「フィズヨビ」を立ち上げる。

反転授業との出会いをきっかけに、自ら考え行動することの重要性を実感。主体的な学びを支援する方法を自分が学ぶために「反転授業の研究」を立ち上げ、オンライン教育プロデューサーとして多くのオンライン講座を企画する。約4000人のオンラインコミュニティ運営者としての活動から、コミュニティでの学び合いの豊かさに気づく。その経験を生かし、自己組織化ファシリテーターとして、多くのオンラインコミュニティの立ち上げや運営を支援している。

著書に『微積で楽しく高校物理が分かる本』(秀和出版)、『日本一詳しい物理基礎・物理の解き方』(中経出版)など10冊がある。

代表挨拶

20世紀の大量生産型の教育は、社会が求める「品質の揃った部品」を作るためのものでした。そこでは、学習者の個性は抑圧されて規格化され、「学力テストで高得点を取ること」によって外から動機づけられ、点数によって序列化されてきました。

しかし、21世紀になり、世界中で学びのコペルニクス的転換が起こり、学びの主役が「管理する側」から、「学ぶ側」に移行しつつあります。そこでは、教師の役割が「壇上の賢人」から、「学びのガイド役」へ変化します。
 
私は、長年、予備校講師として壇上に立ってきましたが、2011年に壇上から降り、学びのガイド役となる決意をしました。そして、アクティブラーニングや 反転授業について学んできました。実践を通して思索を重ねた結果、自主的な学びがたどり着く先が、ガイド役がいなくても自分たちで学び合っていく学習コ ミュニティ形成であるという結論にたどり着き、コミュニティを活性化させる自己組織化ファシリテーターとしての活動をするようになりました。
 
フィズヨビは、化学反応が起こるための場です。私は、みなさんが安心して入ってこれるように環境を整えます。みなさんが、そこに情熱を持って飛び込んでく れたとき、様々な化学反応が起こり、ドラマが展開していきます。そこから得られる豊かな学びを収穫として、一緒に分かち合っていきましょう。

レギュラー講座

You can start learning now

物理学(大学受験)

物理学(学士編入)

物理学(弁理士試験)

物理学(生涯学習)

数学(生涯学習)

受講者の声

僕が田原の物理に出会って一番よかったと思うことは、物理が好きになり、そして得意になったということです。
今まで持っていた物理に対するイメージががらっと変わり、物理の勉強が楽しくなりました。そしてそれにつれて問題集や模試の問題もどんどん解けるようになり、物理が得意科目になりました。
センター試験では第1問で間違えただけで95点取ることができ、2次でもたぶん6割を超える正答率となったため、他教科の失点を補って合格することができたのだと思います。

aiueoさん (東大理一合格)

大人になると一夜漬け、気合で暗記はできなくなる。そんな大人には「田原の物理」は最適な学習法だ。
物理の考え方、全体像を把握し、大きな枠組みのなかに貫く共通の原理を理解できるようになる。もちろん最低限覚えるべきことはあるが、単なる暗記ではないので頭の奥深くにしみ通る感じがした。

alpinistさん (滋賀医大編入合格)

田原先生の物理学講座により力、力積、慣性モーメント、エネルギーなどのイメージがつかめるようになりました。自然科学で大事なことは基本的な原理を理解し、それにもとづいて物事を論理的に考え、それを例えば、工業や農業、医学のなどの実務に応用できるようになることだと思っています。このためには、大学において、物理学などの基礎学問を勉強することが大事だと思います。

MIZUHAさん (弁理士試験合格)

思えば高校2年夏に、たまたま先生の講座を見つけ、
全然だめであった物理が、微積を使うとこんなに理解できるものであったのかとびっくりしました。
いろんな式をを記憶しなければならなかったのが単純化することができるようになりました。

yumijiroさん (京都大学医学部合格)

いつもメルマガを読んでいます。偶然にも『田原の物理』を発見してから約2年。どうしても受講してみたくて、4月より基本編と応用編のセット講義を受講しています。ネット上の講義なので、引きこもり生活(主婦)の私にとっては有意義な時間です。学習進捗表?を作り、色別で達成度を記録しています。

arbonさん (生涯学習)

びっくりです。もっと早く見ていれば良かったです。2次関数の最大・最小問題は定義域と軸との関係で考えていくのは常道ですが、場合分けの図をちゃんと書くのが面倒で、時間も結構かかっていました。先生の模式図は画期的です。一つのグラフしか書かないのでかなりの時間短縮になりますし、なにより迷いも少なくなります。先生の略図いただきです。

Sebastianさん (数IA受講)

イベント情報

august

25juljul 259:00 pmaug 8- 10:30 pmフィズヨビ講習会(第2期)波動分野を扱います

Event Details

物理の学び方を学ぶフィズヨビ講習会(第2期)を実施します。

詳しくはこちらをご覧ください。

Time

July 25 (Monday) 9:00 pm