微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談41

  • Saiさん
  • 大学受験

    Saiさん

    受講体験談41

私は去年、最難関の京都大学を受験しました。予行演習として受験した立命館大学と東京理科大学には合格しましたが、本命の京都大学は数学で失敗をしてしまい、失敗しました。

 一年間浪人して自分を鍛え直すことを決意しました。そんな中で物理は一年後に京都大学相手に十分戦える科目になりうるだろうという自負があり、そう思うビジョンが私にはありました。そう思えた理由はやはり、「物理」というものがどういうものかを理解していたからだと思います。それを教えてくれたのが、この「田原の物理」でした。

 この「田原の物理」を通して私は、学校のテストでも赤点を免れるかどうかのレベルから最難関の京都大学の物理に挑むことができるレベルまできました。この時の「理解できた」という感覚は今でも鮮明に覚えています。ただ公式を丸暗記しただけの受験生を排斥するかの如くよく練られた京都大学の物理に立ち向かうにあたって、避けては通れない通過点を通過した瞬間でした。

 学問に従事すれば物の見方が変わり、人間として一回りも二回りも成長できる。それをこの一年で強く実感しました。その礎となったのは間違いなくこの「田原の物理」です。私が現在の展望を得ることができたのは、本当の物理を、そして何より物事の本質の見方をこの講座で教わることができたからです。

 京大の物理は8割以上を解くことができました。京都大学のまだ結果は出ていないのですが、気を抜くことなく第二希望の北海道大学の後期試験に向けて準備をしています。そこでも物理の高得点を目指しています。