微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談38

  • Deeeegoさん
  • 学士編入

    Deeeegoさん

    受講体験談38

私はこの春に早稲田大学先進理工学部電気・情報生命工学科の2年になります。フィズヨビを受講し始めたのは高3の夏でした。きっかけは私は高2の定期テストで赤点を取り、その後物理がよくわからなくなってしまったことです。そんなときに「田原の物理」を見つけ、物理の苦手を克服した上で大学受験をしたいと思い基本編と応用編を受講しました。田原さんのたとえ話と説明がおもしろく、そして分かりやすく、講義を聞いているうちに物理がおもしろく感じてきました。特に、電場の4つのイメージや電気回路の章での比と和の解法に感動しました。

高校物理の教科書は公式集のようなもので、練習問題の解答は何の因果関係もなく「この公式を使うと」と書かれていました。一方で、微積をつかっても基本式の展開しかせず、この式が何を表しているのかがわからない参考書・授業もありました。しかし、本当に物理を理解するには、運動方程式のような基本式からの展開の仕方と物理現象のイメージの両方の理解が大切なのではないかと考えております。「田原の物理」は見事に式を微積という道具を使って展開し、それだけでなく式一つ一つにイメージを与えてくださるので、とても分かりやすかったです。

現在アルバイトとして個別指導塾で物理を教えることがあるのですが、そこでもたとえ話を使っていて、話し終わると生徒は「なるほど!」とスッキリした表情を見せてくれます。物理以外の教科を教える際にもたとえ話を使っていて、たとえ話の有用性を身で感じました。人に何かを教えるときにたとえ話やイメージを示すと伝わりやすいことを学習できたのも田原さんの講義のおかげです。

また、大学の講義で教授が「現象をイメージと共に理解せよ」と口酸っぱく言うのを聞いて、今まで「田原の物理」で学んできたことは間違ってないことがわかりました。

ここで学んだことが物理や勉強の枠を超えていることが素晴らしいです!!

最後になりますが、私は医師になる夢を叶えるために国公立大学医学部医学科を受験しました。しかし、他の教科の出来があまりよくなくて不合格になってしまいました。今も医師になりたい気持ちが強いので学士編入を考えており、学士編入講座を今年から、もしくは来年から受講しようと考えております。今度こそ田原さんの講義を聞いてしっかり合格し、お伝えしたいと思っております。