微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談13-16

  • まささん
  • 医学部

    まささん

    受講体験談13-16

私は、バイトをしながら予備校に通い医学部受験をしています。

現在、国公立の前期試験の合格発表待ちですが、私立の日大医学部と

東京理科大の理工学部応用物理学科に合格しました。

田原の物理では、基礎的な物理の計算から難関大学の入試にも対応しており、

僕は田原の物理の基礎編・応用編を一年間繰り返し何度も2倍速で学習していました。

学習といっても、予備校やバイトで疲れて家でやる気が出ない時に、ただ見るだけの

ことが多かったと思います。

はじめは、授業の内容を把握し、有機的に整理し、問題を解く時の手順や流れを

自分のものにすることが大切だと思いますが、やはり覚えていないといけません。

模試や本番の入試の前に、繰り返し2倍4倍で気になるところを復習できる田原の物理は

とても効率的だとおもいます。

また、スマートフォンでも受講できるようになり、電車の中や出先でも勉強できるように

なったことで、ふと気が向いたら復習できることがよかったです。

また、フィズヨビのなかに投稿してくださっている田原式での問題集の解答が

とても役に立ちました。僕は、本番までに、田原の物理の演習問題、『良問の風』『名問の森』の

3冊の問題集を仕上げることをしました。その中で、参考書の模範解答は、

公式の暗記を前提としたものが多く、本番で自分が思いつく解答とはかけ離れたものが多いと感じました。

授業でもあるように、多くの問題を場当たり的に解いて暗記するのではなく、ひとつの問題の根本にある

現象と答えまでのプロセスを構築することを心がけていました。

そこで、僕はフィズヨビを活用して『良問の風』『名問の森』の自分の理想の解答を作りました。

自分の頭の中にある物理の一つの流れに、それぞれの問題に結びつけることが重要だとおもいます。