微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談13-12

  • 涼さん
  • 大学受験

    涼さん

    受講体験談13-12

私の通っている高校では、物理が始まるのが高校2年生で、他の進学校と比べて遅いカリキュラムになっていました。毎年理科のスタートが遅くて受験に失敗するという点が問題視されていて(しかし、公立のためなかなかカリキュラムを変えられない)自分で何とかしなくては、と思い、ネットで田原の物理を見つけたのが受講のきっかけです。

最初は、物理の教科書も手元にない状態から先生の講義を聴きました。正直なところ、一周しても理解できてない部分の方が多く、その後もう一周して、問題に手が着くようになって、また講義を聴いて、やっと2倍速で聞けるようになり…

と言った具合に他の受講生の方よりもかなり時間をかけて、繰り返しやったと思います。(視力がかなり悪くなりました。(笑))

私は予備知識0状態から始めたので時間は掛かりましたが、先生の教え方は物理のベースメントを押さえているため、難問にぶち当たってもそのベースメントに立ち返れば突破口が見えてくることがしばしばあります。

あまりうまく言えませんが、問題作成の舞台裏が見えた上で解答に取りかかるのと、問題の誘導だけに頼って手探りで進むのとでは心理的にも天と地の差があります。

おかげで、東大模試でも、完答できる大問がでてくるようになりました。

学校の授業はほとんど復習の場になっていて、余裕をもって臨めたので、板書でめいいっぱいな友だちは聞き逃すような発展的な話や言葉にも敏感に反応でき、更に深める勉強ができ、物理は一番の得点源です。

ありがとうございました。