微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

関西学院大学理工学部生命科学科、同志社大学理工学部医工学科、早稲田大学基幹理工合格

  • takuyaさん
  • 大学受験

    takuyaさん

    関西学院大学理工学部生命科学科、同志社大学理工学部医工学科、早稲田大学基幹理工合格

国立はまだですが、

とりあえず、関西学院大学理工学部生命科学科、同志社大学理工学部医工学科、早稲田大学基幹理工に合格しました。

初めてこの講座を知ったのは現役の時の受験シーズンまっただ中でした。ですが、ただでさえ物理には嫌悪感を抱いていたし、今からはムリだろうと思って受講しませんでした。結果やはり浪人になりました。それから、すぐにこの講座に藁をもすがる思いで飛び込みました。高校では物理は公式に当てはめて答えを導くものだと思ってましたが第1講を受講してみて世界観が変わりました。一気に好きになってしまいました。それから、毎日この講座を見るようになりました。同じ講座を20回くらい見た記憶もあります。しかも、説明がものすごいわかりやすいので助かります。参考書だと、わからないとこがあってもいちいち分かってもいない理論を無理やり納得して進むことが多かったのですが、ここには過去の人が疑問に思ったことが記録されていて確実にそこには自分と同じ疑問があり、かつ丁寧な回答も載っているのですばらしいですね。

それから、僕は現役時、電磁気の交流の問題がさっぱりだったのですが、この講座で簡単じゃんって思えるようになりました。たぶん、ほとんどの受験生が交流を苦手としているのでぜひ勧めたいです。

大手予備校主催の模試では、現役のときはもう悲惨で、偏差値40代連発でした。時には38なんて時もありました。今思えば、よくそんな数字叩き出せたなって思います。

でも、今年度の模試では物理アタッカーに変わりました。一気に偏差値25くらい上がりました。なんか、流れがわかっていてある程度問われるところも分かってきていたので、割とスラスラいきました。この講座に出会ってなかったらって思うとゾクゾクします。大学に行ってもこの講座を活用したいと思います。いままでありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします!