微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談97

  • K.K.さん
  • 生涯学習

    K.K.さん

    受講体験談97

私は田原の物理の基礎編と応用編を受講しました。現役時代の頃は運動方程式が何を表しているのかわからず、それよりもエネルギー保存則などの方が問題を解く上で有効で、運動方程式は影の薄い存在でした。出てくる公式を覚えては忘れ、覚えては忘れ…の繰り返しで、もちろんまったく点数も取れませんでした。今考えてみると、その頃は物理を勉強していたとは到底言えないな、と感じます。

浪人することになり噂に聞いていた微分で物理を学ぶ、ということに興味を引かれ、この講座を受けることにしました。まず最初に物理を学ぶこととは、という講義からはじまり、物理を学ぶこととはどういう事なのかしっかりとかんがえることができました。

まずは力学の講義を受けたのですが、運動方程式を核として、すべてがひとつであり、ひとつがすべてである、ということを講義を見るたびに感じました。いかに自分がなにも理解していなかったのかがわかり、同時に学校ではどうしてこのように指導してくれないのか疑問に思いました。しかし、1度見ただけでは身につきませんでした。
やはり復習としてノートを見返したり、もう一度倍速で授業を受けて、その講義の流れを再現できるようになるまで何度も繰り返していると、予備校の模試で医学部クラスの5位以内にはいることができました。何度も繰り返すことは大変だとおもわれるかもしれませんが、講義の内容はとても面白いため楽にこなすことができます。

特に波動のドップラー効果の授業がとても面白く、笑いをこらえるのがつらいほどでした。受講を考えている方は物理学の面白さを学びつつ物理を得点源にできるこの講座を受けることをお勧めします。

質問コーナーも充実しているため、これ程よい環境はないと思います。
これからもよろしくお願いします。