微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談86

  • kattunさん
  • 生涯学習

    kattunさん

    受講体験談86

フィズ予備は 今年修了した教育系の大学院を目指すきっかけとなりました。

こんなにわかりやすい物理を学ぶ場があったのかと、当時は衝撃でした。通常の授業ではできない何度も繰り返し見ることのできるシステム、最大4倍速で講義をみることができるなど、自分のペースで学べる環境、何よりも田原先生のたとえ話がわかりやすいというのと様々なことが衝撃でした。更新システムもびっくりでした。現役のときや大学生のときに出会えていたらもう少し苦労せずにすんだのかもしれないと思うことが田原の物理に出会ってから思うことが増えました。社会人になり少しして田原の物理に出会い、この学ぶ場があればもう少し自分の力を伸ばせるのではと思いました。そこで興味のあった教育系の大学院に進むことにしました。

大学はなんとか卒業したものの当時のぼくは微積で考えていく物理や座標の取り方、問題に取り組むための背景にある考え方、歴史、様々な考え方が欠落しており、大学卒業時に得ていた力は基礎土台がなにもないスカスカのハリボテ同然だったなぁと振り返るほど思います。それをだんだんと変えてもらったと思っています。たまにある無料のオンラインでの田原先生の特別講座はどハマりで、お金のないぼくは、それもうまく利用させていただきながら、田原の物理を学んできました。

大学院に来てからは、少しずつ講座を増やしながら、学んでいくというスタイルがつづきました。大学院で学ぶ内容とうまくリンクし、相乗効果を伴いながら、力が少しずつついていく実感もありました。

去年?、今年と始まったグループでの学び合う講座などは自分のペースで学べなかったり、相手に合わさないといけなかったり、ぼくの生活スタイルに合わすことのできない内容が多くなったように感じ、オンラインでの催しの方は足が遠のきました。投げ銭というのも気になりました。いくら払えばいいのかわからないくらいなら、最初から受けない方がいいなと考えてしまいました。また期間があるのも忙しい時期とかぶると手に負えなくなってしまうと誰かに迷惑をかけてしまうことを考えると厳しいなと思いってしまいました。今まで通り、少しずつ学ぶ内容を増やしながら、自分のペースで学んでいきたいと考えるようになりました。一度も参加していないのでその効果を感じることはできていませんが、今後どういうようにフィズ予備の催しに参加するかは見えていません。ハリボテ同然だったぼくを変えてくれ、次の一歩を踏み出させていただいた田原先生にとても感謝しています。何かできればなあと最近の田原先生のメールを読んでいて思っています。これからどうするか本当に考え中です。見ることのできる田原先生の動画は見るたびに新たな発見があります。これからも学んでいきたい気持ちとどのようにこの学びを活かしていくのか、これからどういうように学ぶか考え中です。