微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談81

  • muttaさん
  • 生涯学習

    muttaさん

    受講体験談81

 田原先生、お世話になっております。今年度は大学生という立場で電磁気のフィズ予備講習会に参加させていただきました。今回はこのことについて書かせていただきたいと思います。

 講習会に参加した目的というのは、電気分野の復習や理解度を深めることはもちろん、教職免許を取得中であるため、教育の面からもネット上での学びというものがどのようなものなのか実際に体験してみたいということがありました。フィズ予備講習会では、まず簡単な解説動画などをもとにして自力で問題を解き、それをMoodle上にアップして他の受講者と共有して、お互いにコメントをしあって理解を深めていくという流れで学習を進めていきました。参加者は大学受験を控えた高校生はもちろん、大学生、そして社会人の方など多様でした。私は大学では化学漬けで物理を学ぶこと自体が久しくなっていたのですが、事前に田原の物理の該当分野を復習していたため、ある程度は問題に自力で取り組むことができました。ただ、ほかの受講者の方が質問などをコメントしてくれたときに、そのような見方があったのかと気づかされたり、逆にほかの方の解答を見て、そのような考え方で解くのかという気づきがあり、今まで以上に理解を深めることができたと感じました。もちろん、この気づきは自力での勉強では得ることができるものではないので、田原の物理を独学で学んでいる方にとってもちろん、学校で物理を学びながら田原の物理の勉強をしている方にも非常に意義があるものだと思います。一方で多様な人がいるので、可能な限り一人一人のニーズにあった講習会にするという部分は、電検を受ける受講者の方の感想を聞いたりして、今後の課題であると思いました。集まる人数の問題や多様性による学習の深まりなどとの兼ね合いはあると思いますが、うまくグループを編成し、学習を進めていく必要があるのではないかと思います。また、去年度は試験的な要素もあったと思いますが、講習会の日程を、試験日から逆算して、全範囲をできるだけ余裕を持った時期に行えるとさらに良くなるのではないかと思います。他の受講者とのかかわりもあり勉強のモチベーションにもつながると思うので、講習会を計画的に設定すれば、学習のペースメーカーの役割としても活用できるのではないかと私は考えました。

 以上のように、今年度は講習会に参加させていただいて、当該分野の理解を深めることはもちろん、ネット上での学びのメリットとしてモチベーションを高められることはもちろん、多様な考えに触れ、理解を深められることなどを学ぶことができました。

 来年度も田原の物理を受講し、物理の学習を行っていきたいと思いますので、更新の手続きのほどをよろしくお願いします。