微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談74

  • handelさん
  • 生涯学習

    handelさん

    受講体験談74

 田原の物理を受講し始めて6年目になるhandelです。

今は特段物理を勉強しなければならない理由はないのですが、毎年この時期になるとこのように感想を送って、無料で更新させていただいています。

僕にとって田原の物理は捨てに捨てられない思い出の詰まった参考書のような存在です。

 さて、最近常々思うことに日本の大学には同年代の生徒ばかりしかいないということがあります。

アメリカを例にとると一度社会に出て自分の勉強不足を感じ、自発的に大学へ通うような人が多くみられます。

そのため、アメリカの大学には人種、国籍もさることながら、20代~50代といった幅広い年齢層の生徒が見られます。

そのような多様な年代の中での学びは、同年代の中での学びにはない刺激がたくさんあります。

日本では一度社会に出てしまうと、もう一度大学で勉強しなおすというのは企業の特性上なかなか難しく、働きながら自分で時間を作って勉強しなければなりません。

しかし、それは言うは易く行うは難しといったところです。

そんな一度社会に出たが、内心勉強しなおしたいと思っている人に役立つツールとして田原の物理のようなシステムはとても適していると思います。

例えば、社会に出て自分は営業などの対人的な仕事より技術者のような職のほうが向いていると思う人だっていることでしょう。

そしてそのような人のニーズを汲み、幅広い年齢層の受講者を確保することがこれからの田原の物理をより大きなムーブメントに成長させていくうえで必要不可欠だと思います。

大人になっても絶えず学び続ける姿勢をライブ講義などで見ることは学生にとって必ず良い刺激になるはずです。

田原の物理が多様な年代に受け入れられ、生涯学習のツールとして成長していくためには、やはり講義の種類の多様化とアップグレードが重要だと思います。

可能であるならば、物理の枠を超えた多様な年代の人が集う学びの場になって欲しいと願わずにはいられません。

田原先生におかれては益々ご活躍の場を広げていくことを陰ながらお祈り致しております。