微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談64

  • H.Sさん
  • 弁理士試験

    H.Sさん

    受講体験談64

お世話になっております。弁理士試験の選択科目として田原先生の物理を受講しております。仕事と学習の両立に悩みながら、どうにか頑張っております。物理は、「公式を覚えなければならない」という思いがあり、選択科目に物理を選ぶという考えはありませんでした。ただ、田原先生の無料講座を受講した時に、公式を暗記しなくても問題が解ける事を実感して、選択科目を物理にしてみようと思いました。田原先生の講義を受講して、物理を学習することは、公式を覚える事が重要なのではなく、「理解することができるか」と思っております。公式を覚えるだけの学習は、時間がたてば忘れてしまいます。そのことは、現在、弁理士試験で学習している条文にもあてはまると思っております。条文をひたすら読み、暗記したとしても、結局時間がたてば忘れてしまいます。物理の公式と同じで、その公式の本質をきちんと理解していれば時間がたっても一つの公式から全てを導きだせるのだと思います。田原先生の物理は、本質を理解する事ができる為、暗記に頼らず、学習できる所が自分にはあっているのだと思っております。物理と法律(条文)は理系と文系とまったく違った分野ですが、本質を理解することは同じなのだと思います。学習のペースが遅く、本当に弁理士試験に合格できるのだろうか、選択科目は物理で本当に大丈夫だろうか、不安がいつも頭をよぎります。学生時代にもう少し物理をきちんと勉強していれば、弁理士試験の選択科目て苦労しなかっただろうにとの思いはあります。ただ、今は、しっかり前を見て一歩一歩確実に進んでいきたいと思っております。