微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談55

  • 小曽根さん
  • 高校物理

    小曽根さん

    受講体験談55

私の学校では高校2年の春から物理の授業が始まりました。

学校の先生は、とにかく「公式をしっかり暗記しなさい!こういうのはパターンなのだから!」と私たち生徒に言っていました。

最初のテストはその勉強のやり方で高得点がとれましたが(最初のテストだったので先生が言っていたパターンばかりが出題された)、

「物理は本当にこのような勉強の仕方でいいのだろうか?」

「これから難しくなっていったときについていけるのだろうか?」という不安感がありました。

やはり不安は的中しました。

一生懸命公式を覚えてもすぐに忘れてしまったり、覚えた公式をどのような場面で使えばいいのかがわからなかったのです。やはり次のテストでは全く点数がとれませんでした。

そこで私はもっと本質のわかる勉強をしたいと思っていた時に物理ネット予備校を知りました。

基本編第1講の無料講義を受けた時の衝撃は忘れられません。この講座を受ける前からv-tグラフの傾きが加速度、面積が移動距離になるということは学校で教えられていたので知ってはいたのですが、どうしてそれが成り立つのかについては何も説明してくれなかったのです。この講義を受講してそれがわかったときの感動は言葉では言い表せないほどです。

こういう勉強をしたいと思い、すぐに基本編と応用編を申し込みました。

物理ネット予備校の良いところは授業がわかりやすいことはもちろんのこと、繰り返しきくことができること、いつでも受講できること。そして何より質問ができることだと思います。

まだ受講を始めたばかりなのですが、受験まであと一年ないのでどんどん受講をすすめていって早めに応用編まで終わらしてしまおうと思っています。来年には合格体験記を書けるように一年間頑張っていきたいです。