微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談31

  • サトちゃんさん
  • 生涯学習

    サトちゃんさん

    受講体験談31

「計算するな!規則を見抜け!」この言葉に田原物理の本質が凝縮さ れているように思います。

田原物理というと、つい「微積」という文字が先行してしまい、一見、派手で高度な解法イメージを持ってしまいがちですが、実は、v-t グラフを使ったものや、比と和を使った解法など、市販の参考書では ほとんど扱っていない様なユニーク解法も特徴的ですね。

このような解法は一見「裏技」的に映ってしまいますが(実際わたし も最初の頃はそう思っていました)、この解法が身についてくるに従 い、実は物理現象をイメージ化するのに大変良い訓練になっているこ とに気がつきました。

言い換えると、正しくイメージできていないと、この解法を使いこなせないと言うことですね。

わたしは、バリバリの「公式物理」で育った世代なので、特に、V-t グラフを使った解法に衝撃を受け、すっかりハマッてしまいました。

おかげで、なんとか計算しないで問題を解こうとする、怠惰な?性格 になってしまいました。

微積分にしても、受験生時代は全く使うことなく過ごしてきました。

微積分自体は、大学時代に少しは勉強しましたので、アレルギーを感 じることはありませんでしたが、それでも20年以上も前のことなの で、ほとんど忘却の彼方でした。

なんとか、昔を思い出しながら少しづつ勉強して行ったのですが、力 学と電磁気が同じ運動方程式で記述されるということに、またまた衝 撃を受けました。

「ああ~。物理を体系的に理解すると言うのは、こう言うことだった のか・・・・」

受験生の頃には思いも寄らなかったことでした。

それと、どうしても「暗記」できずに投げ出してしまった交流回路。

微積分を使えば何の問題もなく解けてしまうんですね。

「俺の青春を返してくれ!」と叫びたくなりました。(まじめな話。 交流分野の丸暗記は時間の無駄ですね。)

田原物理は、公式の暗記やガリガリした計算で答えを出すような無味 乾燥な物理を目指していないので、とりあえず試験で点さえ取れれば 良いと考える受験生には向いていないかも知れません。

田原先生のネット予備校に社会人の受講者が多いのも、上記のことが 大きな要因ではないでしょうか。

社会人が点を取るためだけの講義に、何万円もお金を注ぎ込む訳がな いですからね。

本来、物理を得意科目にするには、このような姿勢で取り組む方が結 局早道なんだろうとは思いますが、時間のない受験生にとって、得点 優先になってもやむを得ないのでしょうか。

特に、将来理系に進学&就職を考えておられる方は、小手先のテク ニックで受験を切り抜けても、後で苦労することになると思います。

どうせいつかはやらなくてはならないのだから、今の内に片付けてし まいましょう。

きっと後で田原物理に出会った運命に感謝することに なると思います。