微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談19

  • 桜井さん
  • 生涯学習

    桜井さん

    受講体験談19

今回は私が物理ネット予備校の講座を受講するにあたって、自らが実践している勉強法についてお伝えしようと思います。

私はこの物理ネット予備校の講義を何回も受講しました。講座の中身は今まで受けたどんな授業よりも分かりやすいものでした。そのことに関しては受講された多くの方と同じ気持ちであると思います。
しかし、どれだけ分かりやすい講義であっても受講の受け方1つで台無しにする可能性があります。これから私は、自分が今まで講義を受講して”悪い受講の仕方”だと思ったことを書いていこうと思います。そして、それについて自分が行っている具体的な改善策について話していこうと思います。

まず自分が思う一番してはいけない勉強法の一つとして、1講座を一気に終わらせるというものです。1講座の平均時間は大体1時間半です。(もっと長い講座もありますが)この時間にさらにノートをとる時間や問題を解く時間を含めると2時間を超えることもしばしばあります。

私が現役だった頃は若かったこともあり1講座を終えるまでずっと通しですることは可能でした。しかし、後から来る疲労は相当なものでした。
興味もやる気もある一方で、疲労のあまり次の受講に中々進めたくても進めないというような状況に陥るときもありました。

そこで、私はその時から受講する際の掟を定めることにしました。それは、“一単元を終えるまでは解説部分だけを聞き、問題部分は一単元を一通り終えてから取り組む”というものです。
解説部分であれば大半はノートをとりながら行っても1時間ないし1時間半くらいあれば終えることができます。解説を聞いた後はすぐに問題を解きたいという人が多いと思いますが物理ネット予備校の講座は“同じ講座を何回も受講できる”という素晴らしい特徴があるのでこれを生かしていくことも大事だと私は思っています。

1講座を通しで受講しても次の講座をスムーズに学ぶことができるという人であれば上記の方法は無視してくれてかまいません。
しかし、1講座を通しで受講するのが大変だという方は上に挙げた方法をオススメします。

最後に、物理ネット予備校の講座はすべて良質な講義で構成されておりそこから学べることはきっと皆様の物理学の学習への手助けとなってくれることでしょう。上記の勉強方法が皆様の学習に少しでもお役に立てることができれば幸いです。皆様の活躍を期待しています。