微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談18

  • もーどさん
  • 生涯学習

    もーどさん

    受講体験談18

フィズヨビを受講するまでは、微積分を使って物理を学ぶことは自分には無理だと思っていました。
「微積を使う物理=高度な物理」という思い込みがあったのと、元々数学が得意ではなかったからです。

しかし、市販の物理の参考書を読んでも理解できないことが多かったので、思い切ってフィズヨビを受講することにしました。そしてわかったことは、物理を学ぶのに微積分を使うことは自然なことなのだということでした。
また、微積分を使った方がはるかに分かり易いということでした。微積を使わずに物理を学んでいた時には、関連性のない別々の公式を憶えて「こういう時はこの公式を使う」というように、問題に応じてどの公式を使うかを考えることが問題を解く時のメインでした。

しかし、フィズヨビを受講してからは公式同士のつながりが分かるようになったことで、公式をバラバラに憶える必要がなくなり、問題の全体像をつかみやすくなりました。これが田原先生がよくおっしゃる「体系化」ということなのかな、と思います。

さらに、フィズヨビで学ぶことによって微積分の意味や必要性がわかるようになったので、数学で微積分を勉強するのにも抵抗感がなくなってきました。フィズヨビの熱力学を学んだ時には、物理と化学のつながりも感じることができて、楽しかったです。「物理」、「化学」、「数学」というように科目が分けられていても、実はそれらは本来別々のものではないということがわかり、関連性が理解できるようになったのも、フィズヨビを受講して良かったことです。