微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談15

  • ピョンキチさん
  • 弁理士試験

    ピョンキチさん

    受講体験談15

フィズヨビの弁理士試験対策講座でお世話になっております。
弁理士試験の選択科目のうち、理系科目の対策講座が各予備校で皆無な状況の中、フィズヨビの選択科目物理対策講座がある旨を知り、藁をも掴む思いで受講を開始しました。
 
私のように、普段、社会人生活をしながら、限られた隙間時間を使って受験勉強をするのに、フィズヨビのようにネットで講義が受講できるのは、通学の手間を省けて大変助かっております。

弁理士試験選択科目対策としての勉強法の工夫としましては、私のように大学を卒業して何年も経っている人間にとっては、まず、学生時代に学習した基礎物理学に関する記憶を呼び戻すのが先決となります。
また、弁理士試験の選択科目の基礎物理学は、高校レベルの内容を大学一般教養レベルのように、微分積分を使って物理現象を解析する必要があります。
 
そのため、まずは、市販の大学一般教養向けの力学の参考書及び問題集を本屋で物色して、自分にとって分かりやすいと思える書籍を購入して、隙間時間を使って、過去の記憶を呼び戻す学習を進めております。
 
そして、今後は、今まで時間的制約を受けてなかなか受講できなかったフィズヨビの講義を受講しながら、弁理士試験の過去問分析も含めて進めていく予定です。
また、フィズヨビでは、弁理士受験生向けの情報発信や勉強サークルのようなものも開催されるようなので、時機を見て適宜、活用して行きたいと思います。