微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談13-2

  • newtonさん
  • 生涯学習

    newtonさん

    受講体験談13-2

近頃、受験シーズンということもあり難系をパラパラめくってみたところ大学で扱う物理学(主に電磁気学)に比べてあまりの「かわいらしさ」に驚いたのと同時に自分の成長を感じました。また、解答を理解するので精一杯だった難系の問題の設定を緩めたり様々な設定を考慮するなどしているうちに理解が曖昧なところ(受験時には、「慣れ」で乗り越えていたところ)に突き当たり、突き詰めて考えることが多いのですが、そこで田原の物理を覗いて見ると既にQ&Aコーナーで出ていたり講義の中で説明されていたり、さらには受験生を離れてみて初めて気がついたことなのですが、田原の物理のオリジナル問題集の配列にはそういった「理解の穴」を埋めるような工夫が施されていることに恥ずかしながら最近気がつきました。受験生のときは1問1問何も考えずに闇雲に解いていたのに対して大学生となってからは問題と問題を比較することでそのテーマの本当のところのようなものが見えるようになってきた気がします。このように新ためて田原の物理の完成度の高さを思い知らされました(笑)、先日風邪と腰を痛めていたとのことですのでくれぐれもお身体には気をつけて仕事のほう頑張って下さい。そして、これからも宜しくお願いします。