微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談13-10

  • perokichiさん
  • 生涯学習

    perokichiさん

    受講体験談13-10

私の勉強法の工夫について書いてみたいと思います。

私が行っている工夫として、勉強の進め方について述べたいと思います。学校、予備校等で授業を受けるとき、大きく分けると、予習、授業、復習の3つに分けられます。その中でも復習はいちばん大切なものだと

考えます。そこをいかに充実させるかによって、学んだ内容の理解度がかわってくると感じています。しかし、復習もその人の進度によってその方法は変わってくると思います。まず、その科目を学びはじめたときは、その科目の各分野を一つ一つ制覇するより、わからないところ、理解しにくいところがあっても、まず一通りすべての分野をやることが大切だと思います。すべてをやることで、その科目を俯瞰することができ、またそれによって各分野との関わりあいも理解でき、全体をまず把握することが、後の分野ごとの勉強をする際に理解を深めてくれる大切なものになってくると思います。物理に関して言うと力学と電磁気の分野では似たような式や似たような解法をとることが多く、力学と電磁気をまとめて勉強することで、考え方を定着させるのにたいへん有効なものとなります。また、そうすることで応用問題なども解きやすくなります。

それから、一通りすべての分野に目を通し終わった後は、次は分野ごとの攻略になってくると思います。これは、その分野を繰り返して行うのが効果的だと思います。いつも間違えてしまうような問題をコピーして綴っておくことで、my問題集ができ、復習や試験前の見直し等にも役に立つと思います。

これが私が行っている勉強を進める上で行っている工夫の一つです。