微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談123

  • ター坊さん
  • 生涯学習

    ター坊さん

    受講体験談123

田原先生の物理を受講して、9年が過ぎました。

今年会社の定年(60歳)を迎え、3月、4月とあわただしい日々を過ごし、感想文提出が遅れました。同じ会社に再雇用していただき、勤務を続けております。少し責任が軽くなり、日曜日も以前よりゆっくり過ごすことができるようになりました。

田原先生、先生の講義のおかげで私の物理の世界は広がりました。

2008年度に受講を始め、1年目は驚きの連続でした。
それはわたくしが高校時代にとっていた勉強法である公式を使って解くという方法を使わずとも、高2で習う微積を使うことにより運動方程式から始めて公式が導けて解くことができるという方法でした。これには感動しました。

入試問題でさえ迷わずとけるようになりました。2年目である2009年度は、電磁気や波動の講義にも進んでいくことができました。

電磁気で私が感動した一番の考え方は、「電場」と「電位」の必要性です。「電場」と「電位」はなんとなくはわかります。しかし、「電場」と「電位」がなぜ電磁気にはまず必要な物理量であるのかは、田原先生の雨と水溜りの話を聞いて始めてわかりました。また、波動についても高校時代は公式ばかり覚え、波動が1つの振動の繰り返し現象で、1つの振動をまず捕らえることから始めるということには気づいておりませんでした。

私は平日仕事をしておりますので、日曜日の朝に物理の大学入試問題を解いて、解けたときの爽快感を持って休日を過ごしてきました。
他人が聞いたらなんて単純だといわれそうですが、実際の私がそうなのですから仕方ありません。

田原先生の講義を聞くようになり、大学入試の問題を解く力は確実にアップしましたし、センター試験も2018年度試験は全問正解することができ、受講前の約80点を大きく超えることができました。
ちなみに、今年度解きました入試問題は関東・首都圏地方の国公立・私立大学15校、問題数にして50問程度でした。以前よりなかなか時間が取れず、問題を解くことができませんでした。
しかし、今後は時間的余裕も少しできる予定ですので、今後物理ネット予備校の講義の学習にも取り組もうと考えております。よろしくお願いいたします。

さて、私の勉強方法と普段の入試問題解答を説明させていただきます。
1.田原先生がお書きになる図や式をメモしながら講義を聞く。
2.講義と同じ内容を自分一人で解答できるか確かめる。
3.もう一度講義を聴き、自分の理解が正しいか確かめる。
4.頭の中での田原先生の解法を確認する。
5.大学入試問題をネットで入手し、それを解きながら、田原先生の考え方と解法のどれを使って解くのか意識しながら解く。
6.解答を見ながら、解法の間違いを修正する。