微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

受講体験談115

  • Sebastianさん
  • 生涯学習

    Sebastianさん

    受講体験談115

先生の提唱されるパラダイムシフト理論はとても面白いですね。また、2018年フィズヨビは、先生の構築された教育システムの中での一部、それも旧いパラダイムに特化された位置付けで、その旧いパラダイムも存続させるというところがイイですね。

現在の社会全体の価値観を機械論パラダイムとして捉え、「新しい生命論パラダイムは旧パラダイムを包括する形で拡張される。今はその過渡期である。」という建設的な概念は、私にとっては福音です。

今の社会価値観には多くの矛盾が存在しているのが現状で、私はさまざまな疑念を抱きながらもその矛盾にはあえて触れず、精神的に窮屈な日々を惰性で生活しています。そんな日常生活に対し、確たる改善法や対処法を見いだせず、手詰まり感を覚えていました。また、その価値観に依存し、糧を得ている私自身が嫌にさえなってきていました。

私はリハビリテーション医療に携わっております。不幸にも疾患や事故により、悪く言えば先生の言葉をお借りして「規格外」とされそうな患者さまを、いかに矛盾だらけの「規格」の中に戻していくかという、ある意味とても残酷な課題に取り組んでいます。障害を抱えながら、現社会に復帰するのをお手伝いするのがはたして善なのか、私のしていることは患者さまのお役に立っているのだろうかと疑問に思う症例は少なくありません。社会の価値観が変わらねば、その疑念は晴れないと常々思っていました。

フィズヨビスクールの理念はとても魅力的ですが、永らく古いパラダイムに身をゆだねていた私には、ハードルがとても高いです。新しいパラダイムに飛び込むにはかなりの覚悟と勇気が必要そうですが、一歩踏み出してみようかなって気になっています。