%e7%a3%81%e6%b0%97%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8d%e3%81%86
Uncategorized
October 26, 2016

フィズヨビ講習会(第4期)磁気マスターになろう!

みなさん、お待たせしました。 いよいよフィズヨビ講習会(第4期)が始まります。 今回のテーマは、「磁気」 ファラデーが発見した電磁誘導を軸に、豊かな世界が展開します。 磁束という概念をうまく捉えられるかどうかが、磁気をマスターするための鍵を握ります。 2週間、重点的に取り組めば、磁束→電磁誘導→コイル→LC回路 と概念を積み上げていくことができます。 フィズヨビ講習会とは? フィズヨビは、受講者のみなさんが、物理を学ぶのと同時に、生きる力を身につけることを目指して、創発的な場を創っています。 私たちは、創発的な場の中に入ると、自然とやる気が出てきて、自分の中からエネルギーが溢れ出てくることを感じることができます。 そのような場を、自ら創れるようになると、学ぶこと、働くこと、生きることが楽になり、自分らしく力を出せるようになります。 受験勉強によって、自分らしく生きることから切り離されていくのではなく、自分らしく生きる力を使って受験を乗り切っていく方法はないだろうかと考えた末に、この方法にたどり着きました。   フィズヨビ講習会では、みなさんが一歩踏み出すところからすべてが始まります。 そして、踏み出したところから、学び合いの渦が回っていきます。 学び合いの仕組みについては、こちらの動画をご覧ください。…
Read More
koshu03
お知らせ
September 7, 2016

フィズヨビ講習会(第3期)電気マスターを目指せ!

みなさん、お待たせしました。 いよいよフィズヨビ講習会(第3期)が始まります。 今回のテーマは、「電気」 目に見えない電子や、捉えにくい電場や電位を扱うために、苦手にしている人が多い分野ですね。 でも、電気分野の捉え方のコツを理解すれば、難しくありません。 2週間、重点的に取り組めば、そのコツを理解することができるはずです。 フィズヨビ講習会とは? フィズヨビは、受講者のみなさんが生きていくために必要な学びを提供するために存在しています。 そのためには、学んだことを主体的に取捨選択し、自分なりに再構成していくプロセスが不可欠です。 そのようなプロセスを通して、学んだことが身体知として定着し、自由に使えるようになるのです。 そうなれば、結果として、大学入試の問題も自由自在に解けるようになります。 ところで、どうすれば、学んだことを自分なりに再構成できるのでしょうか? そのために役立つのが、共に学ぶ人たちからのフィードバックです。 同じように学びに取り組んでいる仲間のアウトプットを参考にしたり、お互いに質問し合ったりする中で、多様な視点から捉えられるようになり、自分なりに知識を再構成していく作業がやりやすくなります。 学び合いの仕組みについては、こちらの動画をご覧ください。…
Read More
phys-koshu02
お知らせ
July 8, 2016

フィズヨビ講習会(第2期)

物理をぐんぐん学べるようになりたい人のために、物理の学び方を2週間、集中的に特訓します。 <対象> 物理の学び方が分からない人。自力で問題を解く力をつけたい人。継続して物理を学び続けることができる環境がほしい人。 <講座を通して学べること> (1)トレーニングを通して身体に染み込ませていく学びと、頭をほぐして知識を再構成していく学びとを交互に行い、理解を深めながら自分で解く力を伸ばしていく穴び方を身につけることができる。 (2)受講生同士で、お互いの考え方を参考にしながら、考えの幅を広げて学びやすくする方法を身につけられる。 (3)講習後も、励まし合いながら学び合える「学びの友」を作ることができる。 (4)波動分野を深く学ぶことができる。 <ファシリテーター> ファシリテーター:田原真人(フィズヨビ代表) 早稲田大学の博士課程で生命現象の自己組織化やカオス理論について研究。その後、物理の予備校講師になり、河合塾などで10年以上教える。2004年から物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げ、動画を使ったマイペースの学びや、オンラインの反転授業に取り組む。学びエイドでは、鉄人として「動画を使った学び方」というコースを担当している。 主宰する「反転授業の研究」というオンラインコミュニティには、約4000人のメンバーが在籍している。定期的にオンラインワークショップを実施し、主体的な学びを支援する方法について研究を重ねている。 著書 『微積で楽しく高校物理が分かる本』 『日本一詳しい物理基礎・物理』…
Read More
phys1-02
blog
June 8, 2016

受講者の多様性は学び合いのエネルギーになる

フィズヨビ講習会(第1期)が終了し、そこでの学びを言語化するために連載しています。 僕がオンラインの学びに関わるようになってから10年がたちますが、高校や予備校にいたときに体験できなかった状況を体験できています。 それは、受講生の多様性。 今回の講習会に参加してくれた人たちはどんな人たちだったかというと、 ・東大を目指す高校生 ・物理を得意になりたい高校生 ・イギリスでインターナショナルバカロレアのコースで学んでいる高校生 ・医者を目指している多郎生 ・物理を高校で学ばなかった大学生 ・働きながら医学部学士編入を目指す人 ・医学部再受験のために勉強している社会人 ・医学部再受験を目指す看護士 ・新しい木造建築スタイルを確立するために大学に入り直そうとしている建築家 ・高校時代に物理からドロップアウトしたのでリベンジしたい社会人 ・元中学の理科教師…
Read More
inochi
blog
June 2, 2016

フィズヨビ講習会(第1期)から学んだこと(1)

フィズヨビ講習会(第1期)が終わった。 多様性を学びに結び付けていく方法をずっと探求してきたのだけど、ようやくそのプロトタイプを作ることができた気がする。 2週間の講習会を終えて、今回の形を土台にして進化させていけばいいのだという確信が生まれている。 受講生にも豊かな学びがあったと思うけど、僕にとっても豊かな学びがあった。 今回見えてきたことを、何とかして言語化したい。 内在的世界と外在的世界との間に与贈循環を起こす <いのち>の自己組織化について長年かけて考察している清水博さんは、生き物は、内在的世界と外在的世界の両方を持つと述べている。 清水さんは、「内在的世界は、フェルミ粒子的であり、どの個も同じ状態を取ることができず、多様化していく。一方、外在的世界はボーズ粒子的であり、すべての個が同じ状態を取ることができ、均質化していく。」と言う。 清水さんの本を読むまでは、僕は、生命系の自己組織化と、物質系の自己組織化とを区別していなかった。しかし、言われてみれば、そこには、明らかに違いがあり、自分がコミュニティに自己組織化を起こそうとする場合にやっていることは、レーザー系や対流の自己組織化を超えた様々な実践知を使っている。 暗黙知になっていた部分に清水さんの本が言葉を与えてくれたおかげで、自分で考えられるようになった。 内在的世界と外在的世界という生命が持つ異なる2つの世界を、意識が行き来することで、循環が生まれて「活き」が生まれることを、清水さんは「<いのち>の自己組織」と呼んでいる。 人が集まると外在的世界に「居場所」が生まれる。 ただ物理的に集まっただけでは、そこには何も生まれないが、集まった人たちが、自分の内在的世界から発する<いのち>を居場所に与えていくと、ある閾値を超えたときに、その居場所にドラマが生まれ、居場所の<いのち>が創発する。 外在的世界に生まれた「居場所の<いのち>」は、ドラマに加わって役者を演じている個の内在的世界の「活き」を引き出し、個は、さらに自分の<いのち>を進んで居場所に与えていく。 ここに、外在的世界に存在する居場所の<いのち>と個の内在的世界の<いのち>との間の与贈循環が生まれる。…
Read More
blog
May 25, 2016

「できない」という結果から多くのことを学ぶ

田原です。   フィズヨビ講習会の第1週目が終わり、 昨日は、第1週の振り返りセッションでした。 参加メンバーの多様性が面白いです。   ・東大志望の高校生 ・イギリスでインターナショナルバカロレアを学んでいる高校生 ・東大志望の建築家 ・物理をはじめて学ぶ大学生 ・医学部再受験の社会人 ・学士編入を目指す社会人 ・医学部を目指している浪人生 ・定年を迎えた中学理科教師 ・現役の高校教師(物理)…
Read More
rasen
blog
May 18, 2016

物理の学び方を学ぶ!フィズヨビ講習会(第1期)

2016年5月17日にフィズヨビ講習会(第1期)がスタートしました。   フィズヨビをどんな場にしていきたいのかをずっと考えてきて、5年経って、ようやく整理されました。 ずいぶん時間がかかりましたけど、その分だけ、しっかりとした土台ができました。 フィズヨビが目指すのは、自分で考え、自分で動き、自分で学ぶ楽しさを知った人たちが、協力し合って学んだときに、圧倒的な成果を出すのだということを世に示し、そのように学ぶ人を増やしていくことです。   一つ一つの要素は、すべて、そこへ繋がっていくためのものです。   講習会の受講料を、参加者が自分で決めて払うのもその一つです。   フィズヨビが掲げる3つの柱は、以下の通りです。 (1)動画で学ぶマイペースの学び (2)学び方を学ぶオンライン反転授業 (3)自ら学びを創造するコミュニティラーニング  …
Read More
お知らせ
May 15, 2016

フィズヨビ講習会(第1期)

物理をぐんぐん学べるようになりたい人のために、物理の学び方を2週間、集中的に特訓します。 <対象> 物理の学び方が分からない人。自力で問題を解く力をつけたい人。 <講座を通して学べること> (1)トレーニングを通して身体に染み込ませていく学びと、頭をほぐして知識を再構成していく学びとを交互に行い、理解を深めながら自分で解く力を伸ばしていく穴び方を身につけることができる。 (2)受講生同士で、お互いの考え方を参考にしながら、考えの幅を広げて学びやすくする方法を身につけられる。 (3)受験まで励まし合いながら学び合える「学びの友」を作ることができる。 <ファシリテーター> ファシリテーター:田原真人(フィズヨビ代表) 早稲田大学の博士課程で生命現象の自己組織化やカオス理論について研究。その後、物理の予備校講師になり、河合塾などで10年以上教える。2004年から物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げ、動画を使ったマイペースの学びや、オンラインの反転授業に取り組む。学びエイドでは、鉄人として「動画を使った学び方」というコースを担当している。 主宰する「反転授業の研究」というオンラインコミュニティには、約4000人のメンバーが在籍している。定期的にオンラインワークショップを実施し、主体的な学びを支援する方法について研究を重ねている。 著書 『微積で楽しく高校物理が分かる本』 『日本一詳しい物理基礎・物理』 『物理をこれから学びたい人のための科学史・数学』…
Read More

Watch Dragon ball super