受講者の声(医学部再受験)

顔_icon_image

さっとさん

私は大学を卒業後、とある事情により医学部再受験をすることを決めました。
とはいっても私は文系であったため、物理のことは何もわからず、高校の教科書を読んでもほとんど理解できず、ただ公式を丸暗記するだけで物理に嫌気がさしていました。

何かこの状況を打破するものはないかと探していたところ、この田原先生の物理講座を見つけました。試しに無料講義を視聴したところ、教科書で学んだような物理とは全く違うもので目から鱗でした。藁にも縋る思いでこの講座を申し込みました。

田原先生の微積分を用いた説明を聞くことによって、教科書で得た断片的な知識がすべて有機的につながっていくことが実感できました。
物理の教科書を開くのも嫌だった私が、気が付けば物理を学ぶのが少しずつ楽しくなってきました。私にはこの田原の物理がぴったり合っていました。
特に田原先生は説明の際、よく具体例を用いた説明をされていますが、これのおかげで抽象的で分かりにくい内容が理解しやすくなりました。

とはいえ、全ての講義内容を1回聞いただけで理解したわけではありません。物理初学者の自分にとっては1回聞いただけでは理解できなかったところのほうが多いです。今現在も講義内容を理解しようと日々格闘中です。

また、疑問点が出た場合はいつでも質問ができるというのも田原の物理の強みだと思います。質問板で検索をすれば、過去にほかの受講生の方がされた質問内容を閲覧できるので、そこで自分の疑問点を解決することができます。

以上のように、楽しくしっかり物理を勉強したい方にとって田原の物理は理想的な講座だと思います。私も田原の物理を完璧にし、物理を得点源にして必ず医学部に合格したいと思います。

顔_icon_image

Nanaさん

私がフィズ予備を知ったのは去年の秋頃でした。その頃はセンター物理レベルでさえ怪しいくらい物理が本当に苦手でした。
あきらめの悪い私は、物理をどうにか理解したくて必死でした。

いざ田原先生の講義を受けてみると、今まで高校で受けてきた公式の羅列だけの授業とは全く異なり、微積分を用いたやり方に新鮮さを感じました。
また、問題演習の際も、単なる説明ではなく、先生がボード上に解きながら思考回路を言語化して言ってくださるので、先生の思考プロセスをそのまま自分の物にする、コピーすることが可能である点に魅力を感じました。

ただ、先生の説明の分かりやすさに感激したものの、復習をあまりしなかったため受講が中途半端になってしまいました。

過去に勉強しても成績の上がらなかった私の問題点は、理解できたことに安心して習ったことを何度も繰り返し反復をしなかった点でした。これを改善してからセンター物理の点数が26点から約一ヶ月足らずで80点に上がりました。反復の大切さを痛感した今の自分なら、田原の物理を自分の物にできるのではないかと思い、来年度も引き続き受講したいと考えます。

物理を学んで、抽象度の高い視点で物事を考えられるようになりたいと思います。そして、今年こそは絶対に医学部に合格したいです。大学に行った後も、引き続き物理を学んで行きたいと思います。

顔_icon_image

ちゃあさん

1年前にフィズ予備を知り、これだと思い早速基礎編と応用編を申し込みました。
私は医学部志望の再受験生です。生活のため働きながら勉強しているため予備校には通う時間がないので、フィズ予備はありがたい存在です。

物理に苦手意識はないのですが絶対の自信が持てないことと、誘導形式の難問への弱さを克服したくて受講しました。

基礎編を受講してすぐに田原先生の鮮やかで明快な問題さばきや要領の良い計算の仕方やグラフの利用の仕方に圧倒されすっかり田原信者になりました。

物理に微積分を使いたいと思っていてもどう使えば良いのか分からず真似ごとに終始していたのですが、田原先生の講義のおかげで運動方程式と運動量やエネルギーの関係がよく分かり感動しました。

例えば単振動で摩擦がある場合でも振動中心を基準にとればエネルギー保存が使えることをいみを考えずに使っていましたが、微積分を用いてあっさり証明ができたときには強大な武器を手に入れた優越感でいっぱいになりました。

今までなんとなくだったり、暗記でごまかしていたことが胸を張って使えるようになりとても自信がつきました。
同時に今まで苦手にしていた謎の誘導形式問題で出題者の意図が分かるようになり、樹海に入り込みヤケクソや勘で答えを書くことがほとんどなくなりました。

今年の受験は残念ながら不合格でしたが、物理が一番の稼ぎ頭になってくれました。
数学と化学も合格点くらいは取れたはずなので残る課題はセンター国社と二次英語です。

余計なお世話かも知れませんがもう一言。
まだ合格もしていないので他人を励ます立場ではありませんが、得意な人も苦手な人も必ずためになる講座です。
何度も繰り返し見られますし、視聴速度も変えられます。

相手が見えないのに大金を支払うのが不安でしたが、それも全く問題なくすぐに受講開始できました。

顔_icon_image

asukaさん

私は医学部再受験のために、田原の物理を受講しています。

私は物理が本当に苦手で、今でも何度も何度も繰り返し見ていて、それでも自分で問題をすぐには解けないです。
でも何度も何度も繰り返し見ていると、だんだん問題を解くことができるようになり、それがうれしかったです。

それでも、医学部受験にはまだまだレベルが足りないので今年も頑張ります。
田原の物理はしっかりと物理の本質を教えてくれ、ただ公式を当てはめればいいという教え方ではないので、一つの問題からたくさんのことを学ぶことができます。

私自身、得られることが多くて、一つ一つを身に着けるのに時間がかかってしまっていますが、一つ一つ納得して進めるので、公式を覚えていた時と違って、すっかり忘れたという事がなくなっていきました。

普通の予備校では、聞き逃したら終わりですが、田原の物理は何度も何度も繰り返すことができることが、本当に役に立っています。
出来る部分は速さを早くして、わからないところは通常速度でしっかりと聞くといったやり方にも対応していて、時間を無駄にすることなく勉強できます。

今年はフィズヨビがパワーアップするとのことなので、私も一緒にパワーアップできるように頑張っていきたいと思います。
そして来年こそはいい結果を田原先生に伝えられ、合格体験記を書けるようにがんばります。
また一年よろしくお願いします。

顔_icon_image

yukoさん

今年のフィズヨビではいろんなことがありました。

まず最初はマインドセット。受験勉強のストレスで精神的にまいっていた時に受講して、紹介された本などを読んで前向きになれました。
また、医学部合格に向けて挑戦してみようという気持ちがでてきました。

そして、マインドセットについてオンラインで話し合いをするフィズヨビダイアログに参加し、オンラインで話し合いをする経験を初めてしました。今までと少し違う世界を見たような気がしました。そして、フィズヨビ生コミュニティ。
フィズヨビダイアログで知り合ったフィズヨビ生とのコミュニティ作りに参加しました。Facebookで物理や勉強について学び合いをする場でした。これは後に共創コミュニティに発展していくことになりました。

夏休みには夏期講習が始まりました。夏期講習は精神的にも余裕があり、学習し合うのがとても楽しく、勉強にもなりました。やはり学びあいは少し余裕がある時期に始めると効果があると感じました。またやるときは、夏期講習はあっという間だったので、夏よりも早い時期からやり始めるとさらに効果があって良いと思います。

そして、夏期講習のメンバーを中心として共創コミュニティが始まり、メンバーによる自主的な学び合いが始まりました。ここでは教えてもらうだけではなく、教える場があったので定着がよく勉強になりました。

受験がだんだん近づいてきて精神的にもきつくなってきた時期には、冬期講習と直前講習があり、物理以外の学び合いまで発展できたのが面白かったです。自由に話し合える雰囲気があったので、いろいろな情報交換もでき、精神的な支えにもなりました。

しかし、受験直前には、仕事をしていたことで時間不足になっていたり、また家庭の事情などから、勉強のペースが上手くつかめないまま受験本番を迎えることになってしまいました。残念ながら計画不足、勉強時間不足により去年より全体的に得点は落ちてしまいました。

受験に関しては続けるかどうか、本当に医師になる必要があるのか、医師になりたいのか、相当に悩みましたが、あと一年だけ、もう一度原点に戻って、夢に向かって、仕事をやめて受験勉強に全力を集中してやろうと決断しました。この決断に後悔しないような1年にしたいと思っています。

今度は、1年間の計画から1日の計画まで、合格を見据えながら無理のない計画を立てて、その計画を確実に実行するための工夫をしながら、受験勉強に取り組んでいきたいと思います。物理についてはこれからも田原の物理で突き進む予定です。

フィズヨビでは自由に話ができる仲間ができ、自宅学習でも切磋琢磨できる環境をつくれそうで感謝しています。

これからのフィズヨビの発展もとても楽しみです。

顔_icon_image

it.さん

大学へ入学後、友人の死をきっかけに医学部受験を志すこととなりました。
現役高校生の頃は物理が好きではあったものの、得意と豪語できるほどの理解・実力ともにありませんでした。そして、このままでは医学部受験には到底及ばないのではないかと考え、さまざまに苦慮していたところ「田原の物理」にたどり着きました。

今年で3年目になりますが、受講を始めてからというもの、現役高校生時代に受け止めていた物理のイメージが全く違うものとなり、「こんなにも物理には美しいストーリーがあるのか!」と感じるようになりました。
ある意味で「田原流」とでもいうような思考プロセスは、私にとっての物理学を音楽(学)のように、まるでメロディーが流れるごとく身に染み亘らせるものとなりました(ですので、実際のところ講義内容を口ずさみながら受講することもしばしばあります)。

しかしながら、大きなジレンマが現状の私にはあります。それは医学部への入学を志す一方で、諸般の事情から現在の大学での勉学も全力で取り組む必要があるということです。やはり、二刀流というのは非常に大変であり、特に専門科目が大半を占めてくる学年になるとより一層です。

ただ、これは同様な立場の方やこれから大学生になられる方々へのアドバイスになるかと思いますが、「田原の物理」で学んだ学問の本質を見つめるスタンスは非常に強力な武器になると断言できます。
大学で学ぶ物理学や生物学などの自然科学分野はもちろん、法学や哲学、経済学などの人文社会科学分野などでも「公式」・「定理」といわれるものの背景には「原理」・「思想」があります。
それらの背景を意識して学問を読み解いていくと「田原の物理」同様の非常に美しく、そして楽しい世界が開けてきます。そうすると自ずと、大学での勉学も上手くいきます(うまく行き過ぎた結果が、二刀流を困難にしましたが…)。

私自身、医学部受験も含めた進路を決める大きな一年となりそうですが、同様に受講しておられるみなさんも(受講を考えている方々も)最高のゴールを目指して一緒に頑張りましょう!
田原先生、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

顔_icon_image

chuchuさん

医学部志望で多浪している者です。
物理では何度も挫折し、何度か他学部も考えましたが、諦める事ができず、もう一度だけ受験します。
講座の感想を、書くべきなのですが、
自分自身がフィズゼミで学び合いに参加したり、センター試験の後や直前講習に参加した際、田原先生に励ましていただいた経験から、今回は講座の感想では無く、フィズゼミの感想と 私が物理を田原先生の元で学んで良かったと思っている理由を書きたいと思います。

フィズゼミの感想
フィズゼミでは、学び合いを主に行っていました。
1つの問題につき各自が解答をアップする事で、様々な視点を知るといったものです。
学び合いによって自分の欠点や他の人の見習う点が明らかになる事も利点ですが、
私が思う一番の利点は、孤独に陥りがちな受験において、様々な背景を持つ各世代の方達を知り、視野を広げ、物事を多面的に見ていく事で、受験に付属する本来不要な悩みを解消できる為、能力を上げる事に集中して悩める、といった点ではないかと思います。
私の場合、フィズゼミ参加が転機となり、負のスパイラルから抜ける事ができたように思います。
掲示板上でちょっとした悩みを解決したり、雑談して息抜きをしてみたりする事も助けとなりました。
既に存在しているコミュニティに後から入る事は勇気がいりますが、勇気を出して参加して本当に良かったです。物理の成績も、苦手なセンター試験において、劇的に上がりました。

田原先生の元で学んで良かったと思っている理由

田原先生には、冬期講習、センター試験直後、直前講習と様々な場面でお世話になりました。
〝物理を学ぶ〝という事に留まらず、先生の過去の経験から得た 精神的にも支えとなるアドバイスを沢山頂きました。
「必死になってもがいている人の手は、
絶対に何かをつかむんです。
もしかしたら、自分が思っていたものとは違うものをつかむかもしれないけど、
長い目で見ると、そのときにつかんだものこそが、まさにつかむべきものだったと思えるようになる」
この言葉はセンター直後に頂いたものですが、一生忘れられないと思います。
はじめは腑に落ちていませんでしたが、前期試験で不合格になってすぐ、長年悩み苦しんでいた事に対する解決の糸口が見つかりました。
一瞬で引き上げられ、悩んでいた日々が本当に存在していたのかと疑問に思うほどの事が起こりました。
これだけではなく、特にフィズゼミに参加していた人達はそうだと思いますが、
一番辛い時期に田原先生に救われる事が多かったと思います。
悩んでいる時に、的確で琴線に触れる様なアドバイスまで頂ける先生の元で学べた私は幸せだと思います。
文字に起こそうとしても私の文章力では中々伝わらないですが、フィズゼミに参加して、田原先生の元で物理を学べて本当に良かったと心から思っています。
もう一度だけ、トライしてみます。