受講者の声(大学生)

顔_icon_image

戦国basaraさん

もう受験生ではありませんが、引き続き田原先生の物理講座を受講させていただいてます。
希望する大学には残念ながら合格することはできませんでしたが、高校の理科の先生になるという夢は捨ててません。
むしろ、今の大学でやれるだけのことはやって、田原先生のような物理の先生になりたく頑張っております。

先生の教え方は、自分の高校時代に教わってきたようなただただ公式を覚えてあてはめるというものではなく、今自分がどのようにといたらいいか解後期、自分もそのように教えられたらと大学生になってからも繰り返しフィズヨビで学んでます。

もともと物理はそんなに得意な方ではありませんでした。化学はそれなりに解けたのですが、物理は問題文からの読み取り方が難しく、どう解法に導いていいかいつも悩んでおりました。そんな時に田原先生のこのフィズヨビを知り、受講してみようと思いました。もう、あきらめかけていた物理の解法に一筋の光を見たような感じがしました。

それまで平均点もいかなかったのですが、平均点まで取れるようになりなんだか自信がもてるようになったのです。途中、何度も生物をやり直して受験科目にしようと思ってたのですが、最後まで物理で受験をやり通すことができました。

当日は緊張もあってケアレスミスなどで思ったより点数が伸びませんでしたが、格段の進歩ではありました。このような思いを自分が理科を教えた生徒にはしてもらいたくて、教師を目指すことにしました。まだまだ道のりは長いですが、夢に向かって頑張りたいと思います。また、このフィズヨビを続けることでで物理の楽しさを自分の中に確実にしたです。

顔_icon_image

みちのくさん

私は、大学で化学系の学科に所属しています。大学受験では、化学と生物で受験をしましたが、大学で化学を勉強する上で物理が非常に重要であることがわかってきました。そこで、田原先生の物理講座を利用させていただいています。

実際に講義を受けていく中でいくつか気が付いたことがあります。まず、一つはこの講義では微分積分を利用した本来の正しい理論に基づいた物理を教えてくださっているということです。これは、一見理解が難しくなり遠回りのように思えます。しかし、実際には公式の羅列を暗記することなく自然に導くことができるようになったり、取り扱う様々な現象の背景にある原理がごまかしなくわかるようになったりと、結果的には近道だという事に気づきました。

また、そういう正しい理解を持つことは、大学やその先でさらに高度な勉強や研究を行う上で必ず役に立つという風に思います。また、この講義では問題演習を単に計算して終わりにするのではなく、その背景にある理論を詳しく説明していただけます。それを理解することは、簡単なことではありません。

しかし、それを理解できれば物理という学問の本質に近づくことができます。また、単なる公式のあてはめで答えを出すだけの作業では得られない楽しみをえることができます。

最後に、この講義を受けることで物理が得意になると思います。今現在、公式の暗記に追われ、物理を単なる作業のように感じて、成績が伸び悩んでいる方は、この講義を受けることで必ず物理の本質や楽しさが感じられるようになり、結果的に得意になると思います。

顔_icon_image

yukiuraさん

この度、大学内部編入入試で現役当時、受験に失敗して入れなかった念願の工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻に入ることができました。

現役生の時はセンターやその他の一般入試のためにフィズ予備を上手く活用していた成果もあり、大学に入って以降も授業で今までフィズ予備で学んだ物理の勉強方法が生かされていて、新しく学ぶ分野においても理解するのが容易で単位や成績も今のところは難なく取れています。
これからもフィズ予備で培った物理力が生かされる場が今まで以上に増えると思うので、壁にぶつかったときはまずフィズ予備で復習・学習しようと思います。僕が専攻する学科は航空力学や、気象学などずっと物理学と隣り合わせな学科なので就学中はもちろん卒業してからの人生でもフィズ予備の考え方は非常に役に立つと考えています。

自分が思うこれからのフィズ予備の使い道としては、やはり授業でわからなくなったり、試験の前の復習としてはもちろんのこと、人に教えるときや定期的に物理に触れているほうがいいと感じた時に非常に活躍すると思います。
大学で学ぶ物理学はフィズ予備とよく似た解き方であったり考え方を教えてもらいますが、フィズ予備はそれに加えていつでもどこでもわからない時に確認できたり、他の問題集の解答から自分のしている問題に似ている問いを見つけることができたりもする点が1番の利点なのかなと思います。自分の周りではフィズ予備の話を聞くことがないのでこれからは後輩や同期にも良質なものを使ってもらいたいので紹介したいと思います。

顔_icon_image

ちょきちゃんさん

私は、とある理系大学の応用化学科に通う大学2年生(新3年生)です。中学生の頃は高校でいう化学、物理、生物などの理科全般が大好きでしたが、高校生になってからは学校の授業にまったくついていくことができず、特に物理が大嫌いになりました。

浪人生になってから、ずっと放置してしまっていた田原の物理を恐る恐る開いてみると、徐々にその面白さに気が付き始めはしましたが…、結局、物理を克服しきることができずに応用化学科への進学を決めました。

しかし、応用化学科とはいえ、物理はつきものです。大学1年生のときも物理の授業はありましたが、やはり2年生でも同じように物理の授業があり、さらに、「○○化学」という類の授業でも、どんどん物理のような内容が増えていきました。今年は、物理の授業よりもむしろ化学系の授業でわからなくなるたびに田原の物理を開き、特に単振動あたりの分野でお世話になりました。

最初は、大学のノートと比較して該当する分野を、家でパソコンに向かいながらじっくりと見て、多少理解が浅くても次の単元に進んで全体像をおおまかに頭に入れました。2度目以降は自分の理解度に応じて2倍速なども利用しながら内容の確認を行いました。最後に、学校の通学時間などを利用してスマートフォンで繰り返しました。このころには大分内容がわかるようになっていたので、2倍速、あるいは4倍速をうまく利用していました。4倍速では、さすがに内容が理解できていないと聞き取ることができないため、苦手な分野(聞き取ることができない部分)を再認識することができ、また、なんとか聞き取ろうと一種のゲーム感覚で楽しむことができました。

 まだまだ物理を大好きになることはできませんが、田原の物理には感謝しています。ありがとうございました!!

顔_icon_image

ohi18さん

私は浪人中にたまたま本屋で田原先生の著書『微積で楽しく高校物理わかる本』に出会いました。それから,大学生となった今も物理ネット予備校を利用しています。田原先生には受験を通して物理の面白さに気づかせてもらいました。

私は元々物理が大の苦手で,高校時代は授業がさっぱり理解できず苦しんでいました。教科書を読んでも公式の意味がわからず,問題のパターン暗記をするものだと思っていました。初めて勉強する人にとって教科書はわかりにくいものです。また,基本事項を理解せずにいきなり問題集をやるのは効率が悪いばかりか単なる暗記になります。

物理は独学がかなり難しい科目です。どの科目でも基礎が大切だと言われますが,物理ほど基礎が大切な科目はないと私は思います。物理は他の科目と比べて分野間のつながりが強く,積み重ねが重要なため,基礎基本が曖昧だと先の話がわかりづらくなります。そのため,物理は基礎を理解することがほとんどと言っても過言ではないかもしれません。

田原先生はたとえ話を使って現象をわかりやすく説明してくれます。そして,微積分を用いて教科書に載っている公式の意味やつながりを体系的に理解できます。つながりが理解できると面白くなります。物理はいろいろなところで同じ考え方が出てきます。最初は理解が難しいですが,わかると一気に視界が開けます。そこが単元の独立している科目との違いで,難しさであり,魅力なのかもしれません。

田原先生の授業はゼロから始めて短期間で完成させてくれます。物理ネット予備校は同じ授業を何度も繰り返し受けることができます。これはとても大きかったです。今でこそ映像授業など多くのネット講義が出てきていますが,物理ネット予備校は時代の先を行っていました。大学受験は大きな変革の時がきています。

しかし,制度の変更にかかわらず,やるべきことは変わらないと思います。物理ネット予備校は教育課程にとらわれない普遍的な物理の学び方があります。これからも多くの人の未来を導いてほしいと願っております。

顔_icon_image

REIさん

わたしは、今、大学で生物を学ぶかたわら、塾講師のアルバイトをしています。
普段は小学生や中学生に算数・数学や英語を教えることが多いのですが、昨年たまたま高校3年生の子に物理を教える機会がありました。

その子は「問題集の力学の問題を解いていたが求め方が分からず解答を見たがなぜこの公式を使うか分からない」と言っていました。その姿は田原の物理と出会う前のわたしにそっくりでした。確かに、文章から値の分かるものと求めたいものを書き出して使えそうな公式を考えるという方法で解けないことはありませんし、多くの問題集の答えがそのような考え方で書かれています。

しかし、そこに、その事象をとらえ論理的に求めていく美しい流れはありません。わたしはこの子に公式を使わないで考えていこうと伝え、田原の物理のやり方で問題を一緒に解いていきました。その子は、解法の公式を使わなくても解けることに非常に驚いていました。

今回、実際に田原の物理の考え方で教えてみて、田原の物理はその事象をとらえて考えていくため、考え方の流れがとても自然なのだと気づきました。自然だからこそ、すんなりと受け入れられるのだと思います。最近では、弟も田原の物理の魅力に気づきはじめ、田原の物理の話をしてくることが多くなってきました。弟だけでなく、多くの人に田原の物理を知ってもらい、いかに自然な流れで問題をといていくことができるかを実感してもらいたいと思っています。

顔_icon_image

muttaさん

来年度から3回生になる地方国公立大学の理学部化学科のものです。田原の物理を始めてから早二年と半年が過ぎました。

今年度は大学で受講した科目は化学がほとんどで、純粋に物理を勉強する機会は少なくなりました。また、今年は化学の勉強やサークルに追われて、恥ずかしながら田原の物理で勉強を進めたり、オンランインのイベントに参加することがあまりできませんでした。しかし、その中でもやはり今まで田原の物理で学んだことは化学の授業で学ぶ内容の原理の理解には重要でしたし、役に立ちました。たとえば、「機器分析化学」や「有機分光化学」などで扱われる、機器分析の装置や測定には電磁気学や力学が応用されているからです。

そして、今現在三回生になるにあたり今まで取得を考えていた教職の免許をとるために今後も教職の授業を取っていくのか、それとも化学の研究者や企業の技術者の道を目指し、教職の授業は取らないのかを非常に迷っている状況にあります。

ただそんなときに、田原先生から届いていたメールや田原先生がフィズヨビを展開するまでに進んできた道のりをみさせていただいて、参考にさせていただいたり、現状に満足せずどんどん新しいことにチャレンジされていく先生の姿を見て、勇気づけられたりと、物理の範囲を飛び出してお世話になっております。

いずれにせよ、今後共、専門の科目の勉強にも役立てるため物理の復習に利用したり、将来のことについて考えるときに参考にさせていただきたいと思いますので、更新の手続きをぜひともよろしくお願いいたします。

顔_icon_image

regoさん

今年で大学3年生になります。フィズヨビには、高校2年生からお世話になっています。

現在は学習塾で教えるための見直しに活用しています。いざ教えるとなるとより正確な知識が要求されるので、田原先生の真似ができるようなるまで繰り返し見ています。受験生の時は自分のために勉強していたのが、今では相手のために勉強するようになりました。

勉強の目的が変わったことで、勉強の取り組み方にも変化が生まれました。受験生の時は、自分の理解度に合わせて学習していましたが、今では、生徒の理解度に合わせて学習しなければならないので、生徒と自分の2人で学習しているような感じです。

フィズヨビは、数学の微積分を使用するため、微積分が苦手な生徒には、微積分の復習からします。数学と物理が繋がるので、生徒にとっては新しい発見のようです。また、相手のために学習しているとはいうものの、結局は自分のためにもなっており、生徒と自分との理解度のずれから、たくさんの発見があります。自分の中にあった物理の箱がどんどん大きくなっていくようです。

初めて物理を習う生徒を教える時には、自分も初心に帰ることができ、受験時の自分が思い出されます。そのときの自分と今の自分を比べてみると、物理に対する視野が少しずつ広がっていることを実感しています。そして、物理の奥深さとまだまだ自分の知らない世界があることを痛感します。私が、初めてフィズヨビを見たときに感じた感動を多くの生徒に与えることができるように、これからもフィズヨビで学び続けたいと思います。

顔_icon_image

wikerさん

田原の物理にはとても助けられました。田原の物理があったおかげで大学に入ることができたと言っても過言ではありません。

同じ物理なのに、学校ではなぜあんなにややこしくしか教えられないのか不思議でたまりません。私は機械工学部所属ですが、大学に入ってからの物理は高校物理よりさらに難しく、複雑になり、本質がなかなか見えてこないというのが本音です。

しかし、田原の物理に本質を見出す面白さを教えてもらったので、モチベーションを高く保ち取り組むことができています。そういった点でも田原の物理にとても感謝しています。大学の授業を実際に受けてみて、田原の物理の考え方を適応できる場面が多かったと感じましたので、もしどこかでつまずいた時は基本に立ち返って田原の物理を振り返りたいと思っています。

そしてもっと学年が進んだら、田原の物理大学編も受講しようかなと検討中です。今年に入ってからフィズヨビでいろいろイベントのようなものをやられていましたね。東北大の問題を解くものなど、とても興味はあったのですが、都合がつかなかったりでまだ参加できていません。これからもし機会があれば参加できればいいなと思っています。

また私の妹が今年大学受験生になります。妹は文系ですので、物理は直接関係ないかもしれませんが、センターなどで物理を使う機会があれば授業動画を見せたいと考えています。そういったわけで受講の更新をよろしくお願いいたします。

顔_icon_image

safe-to-sayさん

私がこの講座を受け始めたのは受験が終わってからでしたが、大学のある物理系の科目では、まず初めに高校物理と大学物理の違いについて解説されます。そして、本質を理解していないと意味がない、どうせ高校では公式を覚えただけだろう、というようなことを言われます。

後になって田原さんの講義を聞いていると、大学物理で学ぶような本質的なことが、無理なく説明されていました。これはとても大事なことで、この講座のおかげで、すぐに大学物理になじむことができました。

私自身は、物理を未だマスター出来ていません。大学では卒業研究が始まりますが、難題に挑むときに重要なことは如何にその分野の基礎を理解しているかであると思います。基礎を理解していれば、理論立てて考えることができ、当然このような結果になるはずだ、というようにアプローチすることができるからです。

田原さんの講座は物理を扱う人には最適なものであると思います。これからもフィズヨビを受講して、物理学を楽しみたいです。宜しくお願いします。