受講者の声(高校生・受験生)

顔_icon_image

azuさん

私は田原先生の物理を受講させていただいているのですが、いつも感じるのは先生がおっしゃっている規則を見抜くということが、受験会場で初めて見る問題を解くうえで非常に有効であるのではないかということです。

例えば波動のところでいうと、たいていの参考書は計算をすることで解答を作っていることが多いと思うのですが、田原先生の授業では法則を見抜いており非常に明快な解答となっていると感じます。

また交流のところでも微積を使っているために学校で習う方法と違って非常にすっきりした解答になっていると思います。このように問題に対処することで試験の時は時間内に余裕をもって対応することができるのでないでしょうか。

このような方法について教えてくれる学校は少ないと思います。そのため初めて講義を受けたときには今までと違いすぎてとっつきにくいのではないかと思うこともあったのですが、授業を何回も繰り返してみることで克服できたと思います。

また、市販の問題集の解答も田原先生の方法と違って解答していることが多いため、せっかく習った田原式の方法を使えないのでないかと思ったこともありましたが、問題集の解答を田原先生の方法で作っているページもあり非常に勉強になっております。

顔_icon_image

ekさん

僕は今年「田原の物理」を受講していて、改めて「比」の重要性を思い知りました。

田原の物理では、事あるごとに「計算するな!比をとれ!規則を見抜け!」という標語が唱えられます。物理現象の規則性は、「比」で出てくるのです。そして「比」を見抜くのに適した道具は「グラフ、図」です。
だから力学ではv-tグラフを多用するし、他の分野でも熱容量や電気容量を底面積にした容器を描いた「図形的解法」が多用されます。
「比」は現象全体を見渡さないと現れないので、グラフや図を描いてそこから比を見抜こうとすると、現象全体のイメージが自然に頭の中に現れ、背後に隠れていた規則性があぶりだされるのです。

僕は力学の問題を、試しに、v-tグラフを使わず公式でガリガリ計算してみましたが、数字を代入して計算するだけでは、問われた瞬間の値しか分かりません。また、数式だけを必死に見てしまうので現象全体のイメージを頭の中に思い描く余裕がないのです。「比」は大事です。
また、図形的解法を使うと、「ココとココの比がココに反映されて、だから答にこの数字がでてくるのか」(分かりずらくてすみません)と、解に対して納得のいく検討ができるのです。だから間違いも減ると思います。

図形的解法というのは、よく理系教化の参考書などには〝裏技”的に書いてあるような気がしますが、実はそれこそが現象の本質を見抜く”王道”なのかなと思っています。ぼくは今まで数学などでも、そういう図形的解法を見ても「計算で答えが出れば十分」と無視していましたが、これからは目を配っていこうと思っております。「田原の物理」は僕の学び方を変えてくれた教材の一つです。感謝しております。

顔_icon_image

saikoidoさん

僕は、先日、京都大学農学部を受験しましたが、物理に苦戦し点数が伸びず不合格でした。そこで一年浪人し、基礎から物理を徹底していきたいと思いました。

この田原の物理を始める前は、学校のテストでも赤点を免れるかどうかのレベルだったのが、この講座を通して最難関の京大の物理に挑めるレベルまできました。京大の物理は、公式をただ丸暗記しているだけでは、解けないのほどの問題となっています。そんな問題に対して、僕はこの「田原の物理」をとても重宝しました。学校の授業や参考書、周りの人を見ても、公式に無理くり当てはめて解いているのを見ると、なんて非効率でややこしいやり方をしているのだろうとさえ思うようになっています。今では、どうして日本では物理を本質から教えようとしないのでしょうか、何でもかんでも公式化してしまうからかえって複雑なるのに、と感じています。

高校に入ったときは決して成績がいい方ではなかったので、演習問題こそは解いていましたが、特に他の参考書は使わず公式をひたすら暗記するわけでもないのに、周りの人間が苦戦する問題をスラスラ解けるのは気持ちが良かったです。物理の本質を教えてくれる「田原の物理」に出会えたことを非常に幸運に、そしてありがたく思います。もし僕がこの講座に出会ずにまわりの人間と同じように物理に向き合っていたら、もっと苦労して受験勉強をしていたと思います。

現在、浪人することを決めましたが、別に後悔はなく、むしろさらに物理の本質に迫れると思うと楽しみに感じています。
僕は、現在、基礎編と応用編を受講してきました。京大は原子分野が盛んで入試に出る確率が高いと聞きました。そこの分野はあまり理解を深めていないので、「田原の物理(原子編)」も受講したいと考えています。

顔_icon_image

ビタミンワンダフルさん

まず、この授業に関しての感想なのですが、とても分かりやすくて最高でした。私は物理が大嫌いだったのですが、先生の授業のお陰で嫌いな教科から得意な教科になりました。

先生の授業に出会ったのは、個人経営の塾の先生に勧められてなのですが、最初はとても心配でした。月額制ではなく、最初に一括払いで大きなお金が必要であるのに私は続けられるのか事と、物理が嫌いな私が授業一つで変われるのか、その上微積分もまだ習ってない。など始める前は不安ばかりでした。
ですが、始めてみたら私の不安など何ら問題ではありませんでした。微積分に関しては授業最初にして頂き、授業の微積分は問題なく理解出来るようになりました。微積分を使った物理の授業も学校の暗記のみの授業とは違い、体系的に学んでいけて、理解しやすく楽しくなりました。理解でき問題が解けるようになると、当然の事ながら物理が嫌いではなくなりました。嫌いではなく、むしろ楽しいものを続けていけるのも当然の事でした。

学校の物理の授業は本当によくあるような暗記押しの授業で最初の力学からしっかりと理解できなくなり、その時点から嫌いになってしまい勉強も、全然していませんでした。学校のテストの順位も下から1割くらいのところでウロウロしてました。
しかし、田原先生の物理を始めてからは、物理が分かるようになり、勉強するようになり、得意になりました。それからは物理の成績もグンと伸びて学校での順位が上位1割の常連になりました。

今私は医学部を目指していて、物理の勉強をしているのですが、先生の物理に出会って無ければかんがえられない道だったと思います。

田原先生の特別な解法が解説に載っている問題集は少ないと思いますが、問題を送ったら解説してくれるというのもとても良いと思います。

これから、受験まであと1年(私の志望校は防衛医大なので半年程ですが)田原先生の物理と一緒に頑張っていきたいと思います。

顔_icon_image

tatsukijumpさん

私は、物理が苦手でした。そのまま放置していたため当然点数も上がらないどんどん苦手になるというサイクルが半年も続きました。
さすがにまずいと思ったのでインターネットで物理の参考書や予備校の授業について調べていたころこの田原の物理を見つけました。

私が興味を持ったのは(微分積分で力学の問題を解く)という革命的な方法です。
こんな方法で本当に解けると思いながらも無料講義を受けてみると私の考え方が180度変わりました。
初めは物理を学習することに抵抗があって1回受けただけでは理解することができなかったが3回目でようやく無料講義の内容を理解することができた。

ここで気づいたことは田原先生の授業は問題の道筋をきちんととらえておりわからない人にもわかるような丁寧な解説をしていることです。田原の物理を受講する前は、物理が苦手で期末試験で赤点に近い点数を取ってしまいましたが、田原の物理を受講した後すぐに物理の成績は伸びませんでしたが、理解度が上がっているという実感を持てるようになりました。

分かるようになると物理という教科の面白さを知り、自然と物理の学習時間が増えていきました。
私は、特に波動の分野が苦手でしたが、講義を繰り返し受講し、インプットとアウトプットを繰り返して苦手を克服させることができました。その結果、全国模試の物理の偏差値を75.1まで上昇させることができました。ここまで成績をあげることができたのは、田原の物理なしではなすことができなかったことだと思います。

顔_icon_image

Akiさん

僕は、実はこのフィズヨビが初めて購入した、『オンライン』の講座でした。
当初、ネットは危ないものと思っていたので、大丈夫かなあと心配しながら1年前に購入した覚えがあります。
しかし、そんな心配は無用でした。フィズヨビを通し、物理の知識を効率良く得ることができたのはもちろん、フィズヨビの夏期講習などを通し、反転授業やオンライン勉強会?などといった色々な意味で最先端に触れることができ、とても視野が広がった1年だったと思います。

フィズヨビは二つの顔を持っていると思います。物理学習のためのツールとしてのフィズヨビ。そして、物理学習者のための交流の場としての、コミュニティーとしてのフィズヨビ。

物理学習のツールとしてのフィズヨビは、おそらくどの個別指導塾よりも個別対応だと思います。自分のペースでテキストを読み、少し難しいトピックや頻出のトピックはビデオがあるのでそれをダウンロードし、自分に合ったスピードで、聞き逃したところやわからないところはわかるまで繰り返しながら聴くことができます。

ちなみに僕は、少し早いスピードで何回も聞く派です。ノートは取りませんでした。僕は国際バカロレアという少し違う教育システムの物理を取っており、問題のタイプが少し異なるので教科書等の問題を解いていますが、問題集もしっかりついているのでそれを活用するのもよいと思います。授業は順序立てて説明されているのでとてもわかりやすいです。

コミュニティーとしてのフィズヨビは、独学ではわからなかったこと、勉強の方法などを聞いたり、逆に教えたりということに有効です。例えるなら、いつでもどこでも質問ができる家庭教師のようなものでしょうか。

フィズヨビでは今年、夏期講習が行われ、僕も参加してみました。フィズヨビの夏期講習は少し変わっていて、オンラインで行われます。問題と、関連するトピックのビデオを与えられ、それらを参考に問題をとき、解いた答案を夏期講習専用のムードルにアップロードします。

わからないときは質問をし、他の受講生がそれにこたえてくれる。逆に他の方が困っていて自分がわかっていたらそれにこたえてあげる。たまに誰も考えたことがなかったような質問をする方がいると、それをみんなであーだこーだと考える。そうした中で徐々に理解が深まっていく、という仕組みです。

そこでできたコミュニティーは、今も、続いています。僕もたまに、ムードルを覗いては、「ああみなさんがんばってるから、頑張ろう」とモチベーションの維持に役立てています。”

顔_icon_image

oobaooさん

通信講座を受講する前、物理は学校の授業だけしか受けていませんでした。
二年の時から物理を本格的に勉強し始めたのですが、不運にもその授業は一年間で終わるはずの量の半分しか進んでいませんでした。
三年の時は担当の先生が変わりわかりやすくなりまいたが、終わっていない二年の分をやらないわけにはいかないので、その分を上乗せして物凄い速さで授業が進みました。

これではちゃんと理解できないと思った時、父から田原先生の通信講座を勧められました。元々塾には行っていなかったので、迷わず始めました。
初の通信講座だったのでどういうものかわかりませんでしたが、受講してみると田原先生の物の例え方がとてもわかりやすく、イメージしやすくて感動しました。

定期的に模試を受けていて、通信講座を受講する前と後では偏差値が大きく上がり、やっていてよかったと思いました。
一番苦手な分野は電磁気で、結局学校では最後まで終わらずほぼ通信講座のみでしたが、田原先生の丁寧でわかりやすい解説で、難しく見えていた回路図がとてもシンプルで見やすくなりました。
特に電磁誘導やコイルの性質、交流回路は学校では十分に理解できないままどんどん先へ進むので、余計に頭が混乱するだけでした。

しかし、通信講座ではわからなかったら何度でも聞き直せるので、焦らずゆっくりと自分のペースで学べました。残念ながら試験本番は良い点数が取れませんでしたが、今回の経験を次に生かしていきたいと思います。

顔_icon_image

hiroさん

私は物理が苦手なほうで、どちらかというと生物のほうが向いているのかなと思うこともありました。
しかし、フィズ予備では田原先生に公式の丸暗記ではなく、基本的な原理を理解し、図やグラフをうまく使い、視覚的に捉えて、微積分によって解くというやり方を練習することで、公式の丸暗記よりも、よっぽど効率的であることがわかり、また物理のおもしろさを実感することができました。

私は何度も練習しないと身に着かないタイプなので、まずビデオを見てから、もう一度ビデオの内容を自分で思い返しながら、何を習ったのか振り返ります。わからないところはもう一度ビデオを見ます。そのあと、使いこなせるようになるまで練習するようにしています。

理解が大事であることは化学や他の科目についても言えることなのですが、暗記する量はできるだけ抑えて理解することを心がけないと、高校以上の内容になってくると厳しいものだと最近、実感してきました。

例えば化学では学校では二重結合は回転できないと習いましたが、少し難しめの参考書には電子軌道についての説明がされていて、π結合とσ結合があり、それらの違いによって、単結合と二重結合に違いが生じてくると理解できたときには、田原の物理で、私が解き方を理解できたときの感覚に近いものが感じられました。
“私は物理が苦手なほうで、どちらかというと生物のほうが向いているのかなと思うこともありました。しかし、フィズ予備では田原先生に公式の丸暗記ではなく、基本的な原理を理解し、図やグラフをうまく使い、視覚的に捉えて、微積分によって解くというやり方を練習することで、公式の丸暗記よりも、よっぽど効率的であることがわかり、また物理のおもしろさを実感することができました。

私は何度も練習しないと身に着かないタイプなので、まずビデオを見てから、もう一度ビデオの内容を自分で思い返しながら、何を習ったのか振り返ります。わからないところはもう一度ビデオを見ます。そのあと、使いこなせるようになるまで練習するようにしています。

理解が大事であることは化学や他の科目についても言えることなのですが、暗記する量はできるだけ抑えて理解することを心がけないと、高校以上の内容になってくると厳しいものだと最近、実感してきました。

例えば化学では学校では二重結合は回転できないと習いましたが、少し難しめの参考書には電子軌道についての説明がされていて、π結合とσ結合があり、それらの違いによって、単結合と二重結合に違いが生じてくると理解できたときには、田原の物理で、私が解き方を理解できたときの感覚に近いものが感じられました。

4月から高3になり、受験学年となります。なかなか受験生としての実感はもてないのですが、来年の入試日に振り返ったときに後悔のないように、これから一日一日、大事に時間を有効活用して、受験勉強に取り組みたいと思います。

顔_icon_image

perokichiさん

物理の勉強の工夫について書いていきたいと思います。

物理というものは、他の教科以上に解法がとても多様なものであり、問題集の数だけ解法があるといっても過言ではないと思います。

それは、物理を教えるスタンスが異なるためだと思います。微積を使う解法を採用する方もいれば、そうでない解法をとり答えを導く方がいるからだと思います。教科書等では微積を利用する説明をしていないので、一般的には微積を使わない解法をとることが多いと思います。

しかし、私たちが入試問題で扱う物理の問題はニュートン力学であり微積に基づく考えで取り扱われているものなので、微積による解法がとても合理的であり正確かつ早く答えを導くことができるものだと思います。

しかし、先ほども述べたように問題集によって解法も異なっており、違う解法で解いたときまちがっていたときなど、どこでまちがっていたのかや、考え違いをしていたのかがわからないことが多いと思います。また、問題集も1問にたくさんのエッセンスがつまっていて評判のいい問題集(名門の森、良問の風等)ほど一般的に書かれていることも多く、なかなか微積を使った解法をとっていないことが多いのですが是非こういう問題を微積を使っていく解法を練習することでさまざまな難問にも対応できるようになっていきます。

そこでphys-wikiなどを参考にするとすごくよいと思います。そちらでは、わかりにくかったりまた間違いやすいものをわかりやすく説明しており、そういう問題の解法を暗記するくらいにまで慣れ、そののち自分で解いてみるとよいと思います。
解法もまとまっておりたいへん使いやすいものだと思います。

また、それでも自力で解けなかったようなものは、その問題をコピーしてノートに貼り、その裏に解答を書き、ちょっとした合間の時間にちらっと見て復習をしたり、入試直前には、自分の苦手ノートとしても役に立つと思います。

顔_icon_image

phsics_2010さん

最近で出版された物理の良書をいくら読んでも、物理が得意にならない。
その理由は、物理は視覚的に動いている物を分析する必要があるからだ。
数学だったら、大学入試センター試験までだったら、教科書と教科書ガイドと大学入試センター試験過去問(本試20年+追試20年)の解法パターン暗記だけで9割以上は取れる。

でも、物理に関しては参考書だけの独学は止めるべきだ。何故なら、物理は動いている物の分析が必要だからだ。
数学は止まっている物の分析だから、参考書の独学だけで、ある程度の点数は取れる。でも、物理は初歩の学習から、物理講師の動画で動いている物を視覚的に学習する必要がある。

そのために、「田原の物理」で「動いている物の分析」を動画で視覚的に学習する必要がある。数学は初学者でも参考書の学習で十分だ。
でも、物理に関しては、初学者から有名物理講師の講義を学習しなければならない。

勿論、予備校に行って学習するのもいいと思う。でも、予備校では同じ講義を2回以上受講する事はできない。物理音痴の初学者には、「田原の物理」の動画を3回以上見て学習するのが効果的である。
どんな教科でも、独学で市販の参考書や問題集を学習するより、予備校に行って有名講師から習った方が習得率も高くなるし、ライバルと競い合う方が成績も上がる。

顔_icon_image

hamayenさん

私は田原の物理基本編と応用編を受講していましたが、田原の物理で学ぶことによって物理が法則を見抜き物事を簡単に考えていく学問であることがよく認識できました。

田原の物理を始める前まではただ難解な式でしかなかったものが実は単純な式としてみることができるのだとわかり、すっきりとした考え方ができるようになりました。
おかげで今ままではわからなかった問題があってもただ解答を眺めてなんとなく解法を覚えるような勉強をしていたのが、この問題はどのような現象に基づいているのかというより根本的な部分についても読み取れるようになりました。

学校の授業では表面的なつながりしか見えなかったものが田原の物理を学ぶことで分野間の有機的なつながりがわかっていくことは本当に爽快な感じがしました。

また、物理の問題を解く上で力学、熱力学、波動、電磁気の各分野について根本に土台となる法則があり、まずそこから考えていく上でどんな問題に対しても突破口がつかめるようになりました。

夏ぐらいまではまだまだ模試などでも解けない問題が多く思ったような成績が残せませんでしたが、田原の物理の復習をしていくことで秋ぐらいから徐々に解ける問題が増えていき入試でも物理に関しては合格点を取れるようになりました。

今年1年間もう一度基礎からやり直していき物理で他の科目の失敗もカバーすることができるまでにしていきたいと思います。

顔_icon_image

lightさん

この物理を始めて最初は学校で教わっていた物理とは全くと言っていいほど教え方が違っていました。

学校の物理の授業でのノートのとり方は淡々と進めていくので、よくわからない部分があったとしても授業中に聞くわけにはいかないので、訳も分からずノートに書き写して行く始末で後でノートと教科書をみて理解する感じでした。

その過程で教科書に載っている公式はそのまま覚えるものだという思考が定着してしまい公式を覚え、そのまま当てはめていくパズルみたいな感覚でした。

でもこの講座を受けてみて考えが180度変わりました。講義を巻き戻せるのもそうですが、何より考えながら行えることです。
それによって次第にノートのとり方も工夫するようになりました。最初は学校と同じでノートを使用して講義内と問題解説を同じノートに書いていました。

でも講義と問題解説を同じところに書いていると何かと不便なことが分かりました。そして一通り観終わった時にノートが何冊にもなり持ち運ぶ時もそうですが、特定の分野(例えば私はノート中間にありそうな熱、電磁気等)を全部見直したりしたいときにノートが2冊にまたがっていたりして個人的に凄く見難く感じました。

そこで取り外し可能で一つに纏まりやすいルーズリーフを使い始めました。もう一度観ながら以前のノートを観てルーズリーフに書いていましたが、ノートと同じこと書き写しても意味がないので今度は口頭で言ってることを自分なりにまとめてみようと思って、やっていくと理解も深まり友達に教える時も以前よりも上手くなりました。

顔_icon_image

すぎさん

田原の物理を受講してから、もう数年が経ちますが、冷え込みつつあるなと日々感じる教育の業界で様々なコンテンツを発信し、輝き続けている田原の物理はやはり凄いなと感じます。

田原の物理を始めた当初は講義動画を見てもさっぱりわかりませんでしたが、物理の勉強を継続して積み重ねた結果、微積物理の高校物理への応用力は幅広いなと感じるようになりました。
本来は基本の高校物理を高校で学んだ後大学で微積を使って物理について考えると思いますが、田原の物理では微積分を使うべき場面が受験に直結するように最適化されているので大学受験には大変有益かと思います。

ただ一つ使い方についてですが、理想は高校入学と同時くらいに田原の物理を始めて、少しずつ、物理の本質って何だろうなくらいの程度で理解し、物理の勉強を本格的に始めたときにもう一度見てみるようにするとまた新鮮な勉強が出来て記憶がさらに定着すると思います。

体系が出来て いると言っても体系自体やモデルは最低限覚えなければいけないと思うので、その辺りが瞬時に浮かぶようになることが映像を数回に分けて見て覚える理由でもありますし、やはり微積で物理を理解するのは難解なので理解するためでもあります。

また、物理の勉強が進んでいて既に体系が自分の中で構築している方は田原の物理は大学に進学してからでもおそくないので、その自分の中にある体系を磨いていった方がいいと思います。一度繋がったものを崩してまで、微積物理に挑戦しなくてもよいと思います。頭の中で混乱してしまって問題を解く際に時間をロスしたりします。

受験生は時間がないので、模試などでそこそこの点数が取れてきている方はそのままの勉強を継続した方がよいでしょう。しかし、今現在の勉強でどうしても物理が出来ない、苦手だという方は田原の物理をためしてみるべきかなと思います。以上、物理が苦手で苦しんでいたことがある僕からのアドバイスでした笑。

顔_icon_image

はるおさん

私が田原の物理を知ったのは、兄が高1のときに受講しており薦めてくれたことがきっかけでした。
そのときは学校の物理の進度にあわせて、学習したところを受講するといった学習をおこなっていました。
成果はすぐにあらわれて実力テストといった高校の試験では高得点がとれるようになりました。そのおかげでさらに物理が好きになり、勉強への意欲が増しました。

今年度は高3となり、良問の風、名門の森といった問題集を解いていく自学習にあわせて、忘れかけているな、あいまいだな、といった知識がきちんと身についていない分野を中心に田原の物理を受講しました。田原の物理では、根本から応用まで幅広く、現象や公式をわかりやすく、丁寧に説明してくださっているので知識の再確認、習得にはとても有効であったと思います。

またセンター直前には、センター用の講座を受講させていただきました。マーク式の模試では高得点がとれていたのですが、実践問題集といったセンター予想問題では計算ミスやとらえ方の間違いなどのミスが多く、不安を感じたためです。

集められていたのは古い過去問で、田原の物理を受講していなかったら決して自分ではやるつもりのなかった年代であり、膨大な演習量であったため、この講座を受講して問題を解きまくったことは大きな自信となり、不安を取り除けました!センター本番もあわてることなくきちんと取り組むことができ、目標の九割も超えることができました!

二次試験では物理、化学ともに焦ってしまい不合格となってしまいましたが、今年一年学んだこともふまえてもう一年頑張りたいと思います。