受講者の声(高校生・受験生)

顔_icon_image

newtonさん(東京大学理科一類)

東京大学理科一類に合格しました!自分でもビックリです。

僕が「田原の物理」をやろう!と決意したのは、浪人生として初めて迎えた夏休みの中盤頃でした。きっかけは夏に行われた「単振動ゼミ」で、ひとつの 問題に様々なアプローチがあることを学び、また動画という講義形式も 自分で納得のいくまで考えてから田原先生の講義を聴けるので、とても自分の肌に合っていると感じました。

現役生の頃はといえば、予備校にも通いつつ学校でも演習を重ねる毎日で、 「公式に当てはめて問題が解ければいいんだ」とか「パターン暗記をし続けなければ、まわりに遅れをとってしまう」なんていう歪んだ考えのもと
やっていたので、自分がやってることの正しい理解が得られないまま、多くの演習題をただただこなし、なにか気持ち悪さのようなものだけが残っていきました。

確かに受験においては、ときにパターンを暗記しその結果まで覚えてしまうことで時間を短縮できたりするので、一概に「悪」だとは決め付けられません。しかし、僕は物理の魅力はそこではない!と思います。「少ない事実から多くの事実を説明していく」そんな物理学に惚れこんだのであって、事実をばらばらに記憶させるようなソレではありません。

最後に、「田原の物理」は本当に良くできていると思います。

僕は「基本、応用、センター編セット」を受講しましたが、基本事項をしっかり押さえてから演習題へ。演習題の数もちょうど良く、それでいて頻出テーマを網羅している。

自分の頭でしっかり考え、納得しながら受講するようにしていけば、「田原の物理」で大学入試対策は万全だと思います。

masato03

cucuさん(京都大学工学部)

京都大学工学部工業化学科に合格しました。

私は元々化学が得意で物理が苦手だったので、インターネットで物理の勉強方法を探していると『田原の物理』に出会いました。

以前から、微積を使う物理に興味はあったのですが、難しいのではないか、という先入観から微積物理を敬遠していました。

しかし、田原先生の無料講義を視聴すると、「物理ってこんなにまとまっていて美しいのか!」と感動し、早速応用編を申し込みました。その後は、物理の美しさにすっかりのめり込んでしまい、講義を何度も何度も見直しながら、今まで手こずっていた『名問の森』2冊をすぐにあっさりと解き終えることが出来ました。

すると、今まで低迷していた模試の成績も一気に伸び、物理の模試で98点を取ることが出来ました。けれども、京大型の模試では誘導に上手く乗れなくて、なかなか高得点が取れず、田原先生に相談したこともありました。 そして、田原先生のアドバイスから、過去問演習を積み重ねることにしました。

すると、『田原の物理』で物理の根幹となる部分は深く理解できていたので、一度誘導形式に慣れると、どんな問題でも安定して、穴埋めだけでなく、記述問題もほとんど完答できるぐらいになりました。

特に今まで苦手としていたグラフ問題も楽に解けるようになりました。

入試本番では、量が多かったので、捨てた問題もありましたが、アドバンテージになるように得点できたと思います。

合格できたのは『田原の物理』のおかげで、物理が苦手科目から得意科目となったことが大きいです。

本当に田原先生ありがとうございました。

顔_icon_image

narukiさん(東京理科大)

東京理科大に合格しました。

ぼくは初め、物理は公式を暗記してうまく使えるかどうかの科目だと思っていました。

そして全然出来なかったのでYou Tube等で浪人だとわかってからすぐ一生懸命探していました。

暗記術などもめちゃくちゃ探しました。

パソコンで物理を検索し、いろいろ見ていると、微積分で物理を学ぶと書いてある田原の物理がありました。

半信半疑でした。微積分でできるのはありがたいけど、どうせある程度は覚えないといけないんでしょ?

講義の1講目がすべて無料になってたので基本編と応用編の無料講義を受けました。

一気に物理の世界に引き込まれました。

「えっ、覚えなくていいの?」

って感じでした。

最初は応用編だけ受けることにしました。

やはり最初は難しく結局基本編も買いました。

ノートに田原先生が授業で書いたことは頭で考えて整理しながら全て書きました。

例えば、問題を解くときはとりあえずノートではなく、計算用紙に解答と見比べながら、ノートに写していきました。だから1講1講時間はかかりました。

でも、苦ではなく、むしろ楽しかったです。

語学が嫌いで英語が全然ダメなのですが、物理がわかるようになったのでほとんど数学と物理のみで理科大に合格出来ました。

分からないところは質問したら丁寧に返ってきます。

ってか、勉強がとんでもなく出来ない僕でも理解できたのでぜひこれから受験する人は田原の物理で頑張ってくだい。

もしも微積分で教科書に載ってない方法をわざわざ学んで勉強の量を増やさなくても。、と思ってるあなた、素質があるのにかなりの損をしますよ。

むしろ勉強量は減ります。

顔_icon_image

wave0u0さん(兵庫医科大学医学部医学科)

この度浪人した末、兵庫医科大学医学部医学科に合格しました。

私が物理WEB講座を受講し始めたのは、高校3年の夏頃でした。

田原先生の講座を受ける前は、私にとって物理は嫌いではないけれど模試で結果が出ない教科でした。

ある程度までの問題なら何の苦もなく解けるのに、 それより上の難易度の問題になると全く手が出ませんでした。

そんな状況をなんとかしなければいけない、そう思ってインターネットで調べていたらこの講座に出会いました。

最初からすぐに購入を決めたわけではなく、初めは無料講座を受けました。

その時は無料だからそんなたいしたことは言ってないかもしれないけれど、とりあえず受講してみようという気持ちでいました。

しかしこの最初の講座で物理に対する見方が変わりました。

これで悩んでいることが一気に解決できるのではないかと思い、購入を決めました。

そして購入後もその期待を裏切ることはありませんでした。それから物理を学ぶことが楽しくなりましたし、秋の模試では偏差値も65を超えるようになりました。

試験本番では国語の成績が主な原因で浪人することになってしまいましたが、そんな中で物理は安定した成績をおさめられていました。

浪人になった後はさらに成績は伸び、偏差値は75にまでなりました。

田原先生のアドバイス通りに実践していったからここまで伸ばすことができたんだと思います。

これからも田原先生のもとで物理を学んでいこうと思います。ありがとうございました。

顔_icon_image

ぽんぽこさん

まさか自分が難系の演習問題をこなせるようになる日が来るなんて夢のようです。

あれは解答が詳しくないので解らない点があると時間がかかったりしてこれまでは十分に生かしきれていなかったと思います。

でも田原先生の講義を集中してきいて、自分の脳に田原式の素晴らしい解法をセッティングして挑めば、難問が「標準よりちょっと上くらいのレベル」に感じられるようになりました。

例えば田原先生の講義中の 「到達時間のずれから求めるドップラー効果」 中の距離-時間グラフを利用する解法がありましたが、 それを自分で使いこなせるようになれば

「これはいける」となんだかわくわくしてきて

難系の演習題にも積極的にアタックできるようになりました。

そして実際できてしまうのです。

車がコースを回るときの振動数を求める問題の クネクネっとしたグラフの見方も意味不明だったのに今では難系でなければ田原先生の解法を伝授された後には物足りないのではないかと思っています。

本当にありがとうございました。

「知のフロンティア」の導入にまたまた感動してしまいました。 

そういった思想というか、 哲学的な背景を織り交ぜている点がたまらない魅力です。

随所に取り入れることで見通しやすくなってもいて、 とてもよかったです。

顔_icon_image

まつげさん

この授業を受けたのは、学校では物理がやたら覚えることが多いのと教えられている 意味が分からなくなって、勉強の仕方が分からなくなっていました。

塾で物理を受けていて、学校よりは良かったのですが、何故か成績があまり上がりませんでした。

もしかたら物理のセンスがないのかなと思っていました。どうしようか、考えているときにこの講座を見つけました。

この講座を初めてみた時、凄いへぇーと思うことがたくさんありました。

例えば、加速度と速度と距離が微分積分で繋がっていることはも ともと知っていましたが、エネルギー原理や力学的エネルギー保存則や力積が微分積 分で繋がっていることは、学校や塾では教えられませんでした。

ただそれだけなのかもしれませんが、このそれだけが自分の物理への着火剤になりました。

そして9月からやってかなり遅くからはじめましたが、短時間で実力がぐんとつきました。もう少しこの講義を見つけたかったです。

そして自分なりの勉強法も見つけることができました。

その方法とはまずざっとみて、問題を解いてみて苦手の分野をみてまた解き直したりすることです。

学校や塾では問題を解きなおすことは出来ますが、もう一度授業を聞くことはできません。

あと先生にも質問しやすいという点でとても勉強しやすい環境でした。

もうそろそろ受験勉強が終わりますが、終わっても、物理について勉強したいと思います。

大学でも勉強したいと思います。後勉強以外でも学んだことがあります。

それは喩えです。たとえ話をするとイメージがわいて理解しやすくなりました。

これは社会でも使えたりすると思いました。短い期間でしたが、ありがとうございました。 

顔_icon_image

ryoko83さん

物理ネット予備校を知ったのは田原先生の著書の紹介からでした。

私は書店でたまたま田原先生の著書『微積で楽しく高校物理がわかる本』を見つけ、『微積で楽しく』というタイトルが気になり購入しました。

今まで物理は本来は微積分を使うものだと聞いてはいましたが位置を微分すると速度、さらに微分すると加速度になることや等加速度運動の位置や速度の公式が覚えやすくなることぐらいでしか知りませんでした。

しかし、田原先生の著書を読んでみてこんなにいい方法があったのかと驚くばかりでした。

運動方程式から微積分を使うことで今まで覚えてあてはめて使っていた公式が導かれていくのにはとても感動しました。

また、v-tグラフはそのものが与えられている問題形式の一つとしか思っていませんでしたが自らv-tグラフを描くことで運動の規則性を見抜き、一目瞭然とする田原先生の解法には度肝を抜かれました。

さらに私は医学部志望で全教科で高い得点率をマークしないといけなく厳しい道のりなのですが特に物理は苦手意識があってなかなか成績が伸びませんでした。

しかし、田原先生の例え話を織り交ぜた解説を読み、聞いていくうちに物理に興味を持てるようになり苦手意識が薄らいでいくと同時に物理を一番の得意科目にして得点源にしたいと思うようになりました。

田原先生と出会えたことを感謝しています。 

私は何度も説明してもらわないと理解できないくらい理解力が乏しいので巻き戻しのできるPCレターはとてもありがたいです。

でもだからといって気を抜かないよう田原先生の授業を一歩一歩確実に身につけていけるよう気合いを入れて受講します。

何としても医学部に合格したいです。

これから一年間よろしくお願いします。

顔_icon_image

ババロアさん

高校二年も終わりに近づいたころ、理転というものを決意しました。

将来の進路について冷静に考えたとき、自分が本当にやりたいことが理系の学問であると気づいたからです。

もともと数学は好きで、化学もセンターの勉強をしていたので、苦ではなかったのですが、 物理に関しては全く勉強をしたことがありませんでした。

市販の学習参考書を購入したはいいものの、内容を踏み込んで理解することができず、深い悩みを抱えてました。

そして、パソコンでたまたま田原の物理を見つけたのです。

微積物理というものがわからず、半信半疑ではありましたが、ものはためしと無料体験講座を申込ました。

受けてみて目から鱗が出るようでした。

とにかくわかりやすい!物理初級者にも配慮された授業でスムーズに授業が受けられました。

また、他の人より時間がない自分にとって好きなペースで学習ができるPCレターの授業形式も魅力でした。

すぐに両親に頼みこみ、受講することを許可してもらいました。

基本編は非常に基礎的なところからの導入、物理の考え方が詰まっており、授業を受けることが楽しくてしかたなかったです。

また応用編ではそれをベースにした素晴らしい解法ばかりで感動すら覚えました。

授業ですが、一回授業を見て、もう一回ノートを取るために見るというスタイルで勉強しました。

一度聞いてわからなかったり、忘れてしまったことがあれば何度でも見直しをしました。

時間をおいてから気づくこと、理解し直すことも多かったです。

問題集に書かれる解法が違うため、戸惑うこともあったのですが、phys-comですぐに質問できたので躓くことなく学習を進められました。

結局センター試験で失敗をしてしまい、現役で夢をかなえることができませんでしたが、もう一年かけてなんとか目標をかなえてやろうと思います。

まずは運動方程式!計算よりグラフや比で考える。田原先生と出会わなければ考えもしないことだったでしょう。

難しいと考えて手が出なかった物理が好きになり、どうやって簡単に考えるかと意識するようになりました。
本当に感謝してもしきれません。これからもよろしくお願いいたします。

顔_icon_image

tresure-piyopiyoさん

昨年の4月に明治大学理工学部機械情報工学科に入学しました。

僕が受験のときに受講していた講座は基本編と基本編(PDF)と応用編でした。

動画の講義というのは、実際に授業を受けている感じでとてもわかりやすく何回も繰り返せ、2倍速、4倍速などもできるのでとても復習しやすかったです。

また、動画の機能だけでなく、田原先生のたとえ話などもとても理解しやすいものでした。

「田原の物理」で学んだことが、大学でいきる!

「剛体の回転運動」について
「剛体の回転運動」をどうやって勉強したのかというと、何回も見ただけです。
1回目で理解できなかったとしても、2回、3回と見ているうちに理解できました。

後期の「基礎物理学」の試験で、球殻の慣性モーメントを求める問題が出題されたけれど、「剛体の回転運動」でやったことをそのままやるだけでした。

「田原の物理」を更新しようと思ったのは、大学の授業で物理をやっていて、 忘れてしまったところがあったときに調べることができると思ったのと、復習しやすいと思ったからです。

授業が始まるまで大学の授業についていけるかとても心配でした。

でも実際どうだったかというと、それほど難しくは感じませんでした。

実際使ったのは田原の物理(基本編)[力学]の下のほうにある「剛体の回転運動」で、これを何度も見たりしただけで、他はあまり使わなかったような気がします。

あまり使わなかったったのは、理解して覚えたおかげで忘れていなかったのだと思います。

大学の授業のほとんどが「力学」で、少し「電気回路」もあったけど、田原の物理を受講したおかげで、忘れていなかっただけでなく、ほとんど理解することができました。

「剛体の回転運動」をどうやって勉強したのかというと、何回も見ただけです。

1回目で理解できなかったとしても、2回、3回と見ているうちに理解できました。

後期の「基礎物理学」の試験で、球殻の慣性モーメントを求める問題が出題されたけれど、「剛体の回転運動」でやったことをそのままやるだけでした。

顔_icon_image

dash400さん

田原先生

応用編第1講さっそく受講しました!! 

v-tグラフの威力を改めて実感しました。

そしてまだまだグラフを使いこなせていない自分を再認識しました・・・

最近は解答は出るけどすっきりしないことが多かったので、 このグラフを使った解法で納得して解けるようにしたいです!

P.S.コメントのお返事ありがとうございました! 

1学期予備校に通い、田原先生ではない人の授業を受けて納得できないことが結構あり、自信をなくしていました。

でもそっちはやめてweb講座に専念することにしました。

今日早速授業を受けてちょっと自信がもてたのでよかったです!!

今年こそは物理を得点源にして最難関を目指したいと思っているので、 よろしくお願いします!!