受講者の声(高校生・受験生)

masato03

ワンワンさん(法政大学理工学部機械工学科)

私は高3の4月から田原の物理「基本編・応用編セット」を受講しました。

高2のときからはじまった物理の授業がよくわからず、頑張って授業についていったのですが、ただ覚えて問題を解くようになってしまい、どうやって考えて解けばいいのかわからない状態が続いていました。さらに高3で先生が変わり、授業スタイルが変わったのでどうやっていけばいいのかわかりませんでした

また、自分の元来の性格が災いし、わからないから物理ばっか勉強してしまい、徐々に他の教科も成績が下がっていきました。(それでも物理よりは良かったと思いますが・・・)

その状態が3年夏まで続き、「これではまずい」と思っていたところ本屋でたまたま『微積で楽しく高校物理がわかる本』を見つけ「物理には微積が必要」とどこかで聞いていたので、とりあえずあとでも役に立つだろうと購入したのですが、読んでみると、これならわかりそうだったのでもう時間がないと思いつつも田原の物理を受講を決意しました。

受講の進め方としては、基本的に、講座をわかるまで聞き、わかってきたなと思ったら良問の風をその範囲を解いて自分で解けるようにしていくという方法で進めていきました。

また、通常は二倍速でやって、よくわからないところor聞き取りにくいところは一倍速で、何回もやってて大体わかってるところは飛ばさずに4倍速でやっていました。

このように、講座途中でも即座にスピードを変えられるところは田原の物理のいいところだと思います。

田原の物理の講座を受けて、自分の中で漠然としていた物理の像がきちんと構築されていく感じで、無駄に物理らしくない物理を勉強してきたことにショック覚えつつも問題をみても手をつけられないというこもなくなりとりあえずこうしてみようとかいうものができていくのが実感でき嬉しかったです。

試験本番では、物理は満点とまではいかなかったと思いますが、ほとんど解けていたと思います。

本当は国公立志望ですが、センター試験で信じられないくらいやらかしてしまい(物理は及第点でしたが)、結果はちょっとわかりませんが、ただ田原の物理に出会ってなければもっと悲惨な結果になってたと思うので、本当に田原先生には感謝しています。

また田原先生のメルマガで田原先生の考え方が覗け、感銘を受けたのでその点でも参考にしていきたいなとおもいました。

顔_icon_image

masauさん(信州大学理学部)

帰国子女入試で信州大学理学部に合格しました。

僕は高校の3年間、海外で過ごしていたのですが、そこで物理の授業を受けているとき、毎回のように何個も訳の分からない公式をずらずらと並べられている光景をいつも疑問に感じていました。

公式の意味を理解できず、いつも納得のいかないまま授業を終え、物理ってこんなにつまらない科目だったっけ?と思っていました。試験のために公式を覚えても意味が分かっていないのでどう使えばいいのかもわからないのでテストの点数はいつも赤点ギリギリでした。

そんなとき、僕は物理ネット予備校に出会いました。高校3年の夏ごろでした。微積で物理を学ぶって何のことだろう?と思い無料体験講座を受け、僕は衝撃に包まれました。

当時、v-tグラフと微積の関係を知らなかった僕は運動ってこんなに簡単に表すことができたんだ!と感動しました。

この方法なら物理を本質から理解できる!

そう確信した僕は、全部の講座を受けてみたいと思いましたが海外にいたので色々と問題があり、結局11月に帰国してから基本編、応用編を購入し、2倍速を活用し、すぐに理解できないところは繰り返し講座を見ながら受けていきました。

田原先生の講座を受けたことで高校で嫌いになりつつあった物理もやっぱり物理って面白かったんだ!と思えるようになり、今では一番好きな教科です。

大学は帰国子女入試で国立2校と一般入試で私立を2校受けることにしました。しかし、他の教科の進行状態の遅れもあり、受験前にすべて受講することができず、不得意な分野がある状態で入試に臨むことになってしまいました。 今思えば、自分をもっと追い込めたはずだと後悔しています。結果、私立の一般入試では惨敗でした。

しかし、国立受験では物理と数学の関連性についての小論文の出題があったのですが、そこで今までやってきたことが生きました。微積と物理の関係を知っていたので、容易に書くことができたのです。結果、信州大学に合格することができました。

田原先生には感謝しています。本当にありがとうございました。

顔_icon_image

choppiさん

つい先日この田原の物理という講座を知りました。

そして早くもこの講座の素晴らしさに気付けたことが何よりうれしいです.田原先生の物理講座を受講できた自分がどれだけ幸せかと思いました。

自分はもともと物理が好きでいづれは物理を勉強したいと思っていました。そしてそのため12月の終わりごろから自分で物理をこつこつと始め、最初はやっぱり物理って楽しいなって思ってました.

しかし少しずつ学んでくるにつれて、「物理って暗記科目じゃん」って思えてくるようになりました。そうなってしまったが最後で、それ以来物理がほとんど手付かずになってしまったのです。

それからしばらく物理離れが始まってしまい、でもやっぱり物理が好きなことに変わりはなく、どうすれば楽しく、暗記のしない物理に出会えるのだろうかと思って、しばらくネットサーフィンをしていると、さまざまな物理のサイトが見つかるわけです。

そこに書いてあることを見ると、どうやら微分積分を使った物理が根本から理解できるし、楽しいという情報が多く目に付くようになりました。

そうと知るとすぐに微分積分を駆使した物理という名で調べ始めました。

やはり最初はまだ高校1年生でまだ微分積分すら触れたことないのに大丈夫かな?って言う心配もありつつもやはり興味を惹かれる部分があり、見てみるもやはりわからず。

そんなことをしているととあるサイトに行き着きました。

それがなんといってもこの「物理ネット予備校」でした.

はじめこのサイトを見たときは「なんだ、お金かかるんだ。」など思っていました。そうやって見ていると、数学の無料講座を見つけ早速ダウンロード、すると目を疑うほどわかりやすく驚きました。

次に物理の基礎編の無料講座もダウンロードして見てみると、やはり数学のときと同じような感覚で、これは凄いと思うようになりました。

そしてそのことをすぐさま親に伝えると、「やってみれば?」と快諾してくれて、今受けることが出来ています。

そして現在約6講を受け終わりました。あと2講で力学編が終わり次の波動編に突入するんですが、本当にわかりやすいです。 

たまに「ん?」ってなったりする所が有ったりしたのですが、質問サイトに同じようなことを疑問に思った人がいたため、すぐ解決することが出来ました。

見始めると「あれ?もう終わっちゃったの?」ってぐらい に集中でき、しかも理解できる。それはとても素晴らしいことだと思います。

こういう機会を作ることが出来る田原先生はすごいと思いました。

たとえ話もなかなか面白く、聞き入ることの出来る講座でした。

これからも受講して以降と思います♪

ありがとうございました。

顔_icon_image

ニュートンさん(立命館大学理工学部)

参考になるかどうか分かりませんが、僕の体験談を書かせていただきます。

僕は、部活動が夏ごろまであり、それから本格的に受験勉強を始めました。部活動で活躍することができなかったこともあり、高い目標を設定し、勉強し始めました。

始めは、何をすべきか分からず、様々な勉強法をネットで探しまくりました。その中で出会ったもののひとつが、「田原の物理」です。そのような勉強法を参考に、いろいろ自分で試行錯誤しながら、学習を進めていこうとしたのですが、学校の予習、復習、課題などがあり、なかなか思うようにできませんでした。

そんな日々のなかでも、「田原の物理」を体系化しようと少しずつではありますが、継続しました。

ときどき、理解できずに思考停止してしまうこともありましたが、何度も繰り返し聞いたり、時間をおいてもう一度聞いたりして何とか理解しようとしました。

「田原の物理」を受講することで、問題を解く知識、考え方だけでなく、昔の「物理」に対する考え方や、「物理」と「数学」が密接に関係しているということも分かりました。雑談や例え話も面白く、理解の手助けとなりました。

話は変わりますが、入試までに基本編を完璧にできるようにしようとぎりぎりまで粘りました。ただ、演習不足だったので不安はありました。

始めは、名古屋大学工学部を目指していたのですが、結局は、広島大学工学部を受験し、失敗し、何とか受かっていた立命館大学理工学部に進むことになりました。

受験までは、いろいろありましたが、これが進むべき道だったのだと思います。これから、社会に貢献することができるように頑張っていこうと思います。

読んでいただいてありがとうございました。

顔_icon_image

physics_2010さん

前略

まだ、田原の物理講座を勉強中です。でも、あえて感想を書きます。

物理初学者には以下の順に勉強すれば良いと言われています。

(1)橋元の物理をはじめからていねいに

(2) 物理のエッセンス

(3)高橋和浩の物理電磁気必出問題の解法
(物理のエッセンスは電磁気の分野の解説が下手だから、この本で補足)

(4)物理の名門

***************

でも、物理に苦手意識のある人は

(1)大学入試 漆原晃の物理1・2が面白いほどわかる本 シリーズ
漆原 晃 (著)

(2)「田原の物理」講座受講

の順番が良いと思います。

ちなみに、
(3)漆原晃の物理物理I・II明快解法講座
(4)漆原晃の物理物理I・II応用実戦講
は、(1)と内容が似ていて、問題を演習するだけです。

だから、「田原の微分積分物理」講座受講をし、「田原の微分積分物理」講座で問題演習をすれば、省略してもいいと思います。

***************

その理由は、「橋元の物理」は学校の教科書みたいな記述で、公式の暗記をさせられているだけで、その公式の物理的意味を解き明かしていないように思えるからです。

又、「物理のエッセンス」は書籍だけからでは学ぶ事が難しく、実際予備校の講座を聴講しながら学習しないと習得不可能でしょう。

その点、「漆原晃の物理1・2が面白いほどわかる本 シリーズ 」は「橋元の物理」の教科書的記述を廃し、「物理のエッセンス」に見られる簡略化された説明を廃し、本来の物理的意味を最低限の数学知識で、
詳細に説明している様に感じられます。

でも、「漆原晃の物理1・2が面白いほどわかる本 シリーズ 」は最低限度の微分積分しか使用していないので、高度の微分積分を使用して分かり易く解説をした「田原の微分積分物理」に繋げて行って、物理で高得点を取れる様にした方が良いと思います。

あと、「山本 義隆 の物理入門」、「山本 義隆 の物理入門演習」「難問題の系統とその解き方物理I・II」は、実際に著者の講義を予備校で聴講しながら演習しなければ、習得できないでしょう。あの簡略された記述は、書籍だけでの独学では習得できないでしょう。

***************

結論を申し上げますと以下の順が良いと思います。

物理初学者の勉強の仕方は、
(1)「坂田アキラの数学が面白いほどわかる本シリーズ」で、物理で使用をする数学の習得、できたら数〓Cまで。
(2)「大学入試 漆原晃の物理1・2が面白いほどわかる本」で初歩的物理のイメージの習得。
(3)「田原の物理」で高度の微分積分を使用した物理を「映像と音声」を利用して視覚的に習得。そして「田原の物理」で問題演習。
(4)志望校、ならびにセンター試験の過去問演習。

顔_icon_image

CGBさん(東京大学理科2類)

私が物理ネット予備校を知ったのは、センター直前でした。
それまで、予備校に通っていなかったので、田原の物理は衝撃の連続でした。

なにより、解法の体系化をしていただいているのが、素晴らしかったです。

それまで、問題を闇雲に解いていた私は、自分の中に解法の軸がなく点数にもかなりの波がありました。解いたことのある問題は解けるのに解いたことがない問題が出ると全くお手上げでした。

田原先生のおかげで解法の軸ができると面白いほど、まさに田原先生の本の題名のようにスラスラ解けるようになりました。

微積解法は難解だと言うイメージがありますが、何回か繰り返すと最低限の公式で解けるので公式を暗記しまくるより楽です。

今年の東大物理ではなんと満点でした。(化学は死にましたが)大学の授業が今はとても楽しみです。

以下私の受講の仕方を書きます。

1 テキストで予習する。全体像がつかめるまで何度も繰り返す。
2 講座を受ける。これもわかるところは4倍速でわからないところは 2倍速でみました。
3 名問のシリーズの該当範囲を解く。

これらのことを繰り返すだけで東大でも満点がとれました。

わたしのように、僻地に住んでいる受験生にとっては、微積解法自体が珍しく斬新でした。みなさんのなかにも地方の方は多いとおもいますが、あきらめずに努力すれば必ず進学校のトップにも勝てます。

最後に正しい物理の勉強をしてもらいたいと思います。なぜかというと、現代にをいて物理は生活に必要なのです。もし、多くの人が原子力について正しい理解を持っていれば、今回の福島原発や津波被害は最小限に抑えられたはずです。

政府や東電に騙され犠牲になるのは一般市民です。我々が、対抗するには知恵しかないのです。今回被災された中にも優秀な方は多くおられたはずです。

私は将来の日本を背負う可能性のある日本人として、大学では、原子物理を勉強したいとおもいます。

受験生のかたに特に被災地の方々に以下の言葉を送ります。

      fight the future

顔_icon_image

rm63さん(福井大学医学部)

私の学校では2年進学時に理系と文系を選択してそれぞれのコースに分かれるため、物理の学習を始めたのは2年生からでした。

私にとって初めて触れる物理という科目は、数学のように完全に抽象的でもなく、かと言って日常の感覚そのままで難なく扱えるものではないという印象があり、どちらかと言えばとっつきにくいものでした。

物理の授業内容で分からないところがあったら先生に質問してみて、それでもしっくりこなければ、インターネットでよりわかりやすい説明を得る、ということをしていたところ、偶然物理ネット予備校なるものを発見し、さっそく親に頼み込んで基本編を受講しました。

基本編全25講の中で田原先生がなさる説明はわかりやすいものが多く、また実際の問題に対して非常に有効なものが多くありました。

それは、諸公式に対して一から説明していることであったり、特定の問題に対処する方法を簡潔にステップに分けて説明しているためです。

物理がすっきりわかるだけでなく、授業でノートの立式の仕方や図の用い方が上手だと褒められたり、学校の実力テストで学年一位をとったりと、いいこともありました。

3年に進学するに当たって応用編も受講して、受験に臨んだのですが、私の受験校では、基本編と問題演習で必要十分という感じでした。

これも田原の物理の「根本を理解する」というスタンスの賜物だと思います。

田原の物理を受講したことは間違いなく、入試で合格点を獲得し志望大学に合格できた一因です。