受講者の声(高校生・受験生)

masato03

Dr.Kさん(北海道大学農学部)

僕は去年の春から田原の物理を受講しました。

それまで、学校以外で物理を教わっていて、必ずといっていいほど 大学受験の物理の問題を解くときに微積分を使う必然性がないとか、 微積分を使うのは他の科目すべてOKで余裕のあるマニアだけ、などなど、 いろいろ微積分を敬遠する方向にもっていかれたのを覚えています。

そのせいか最初は少し大丈夫だろうかという不安がありました。

しかし、力学の授業を受けているうちにそんな不安はふっとんでいきました。

確かに微積分を使って物理を学ぶ必要はないかもしれないけど、微積分で学ぶことによる恩恵は必ずあります。

いままでブツ切りだった公式がつながっていくのがよくわかりました。

また、電磁気分野でも微積分で学ぶことのありがたみがありました。導体棒の運動、回路の問題のところでは、いままで学んできた力学分野と電磁気分野が融合したとても面白い内容で、メチャクチャ問題を解くのが楽しかったです。

田原先生の授業を受けて思ったのが、いままでの自分の構築してきた知識がさらにグレードアップして塗り替えられていくって感じの授業をされいるな、ということです。

別に新しいことを学んでいるわけではないのだけれど目の付け所、問題の俯瞰などなどいろいろ学びました。

おかげで、物理の問題を解く際に自分の中である信念が出来上がりました。

それは、「いままで作り上げてきた解法体系をつかって、明日の入試問題を解く」ということです。

これは基本編で田原先生が言われていたことなのですが、かっこいい台詞だなとそのときは思っていました。
でも、講義を繰り返し聴き、自分の頭だけを使って問題集を解く、これらを繰り返していくことでこの言葉の真意をつかむことができました。

授業の具体的な内容に関してなのですが、二体問題の解法も知的好奇心を掻き立てられるのですが、それ以上にぼくが感動したのが先生の慣性力の捉え方でした。

いままで慣性力は加速度系に立っている観測者からみたすべての物体に対して加速度の向きとは逆に大きさ(質量)×(加速度の大きさ)が働くだけだと認識していました。

ところがそれだけでは不十分でした。見かけの鉛直下向きが変わるのです!この捉え方を聞いて初めていままで疑問に思ってきたことが解消されました。

問題集で見かけの重力を定義する問題があったのですが、そのときはナゼこんなものを置くのかわけがわかりませんでしたが、このおかげで納得することができたときにつくづく田原の物理をやっていてよかったなと思いました。

残念ながら僕は東北大学医学部を第一志望にしていたのですが、センター試験でやらかしてしまい(激泣)出願できず結局、北海道大学の農学部を受験して合格しました。

正直、数学と理科だけで決まった感じです。

今年の北大の物理は概評によると60分にしてはキツイとのことでしたが、大問3題とも基本的な問題ばかりでかなり上の立場から問題を俯瞰することができ、40分たらずで解き終わることができました。(でもやっぱり医学部がいいよぅ~)

この一年で物理がもっとおもしろくなったし、成績も上げることができました。

これも田原先生のおかげです。本当に一年間ありがとうございました。
会ったこともない僕ですが、先生のことを勝手に恩師とさせていただきます。。。(笑)

顔_icon_image

コーノトリさん(慶應大学理工学問1

僕がはじめて田原先生を知ったのは、「微積で楽しく高校物理がわかる本」ででした。高2のとき、物理は好きだったのですが、思うように問題を解くことができず、悩んでいました。

そのとき、微積物理の存在を知り、興味を持ちました。

書店で微積物理の本を探したところ、「微積で~わかる本」が目に付き、購入しました。

微積物理といっても、計算の力技で解くのではなく、微積は法則を導くために使い、現象のイメージを大切にしているところがわかりやすく、また、たとえ話もおもしろくて、一気に読んでしまいました。

しかし、そのときは、微積物理の考え方を習得できず、結局、今までと同じ状態でした。

高3になって、いよいよ受験勉強を本格的に始めるときになっても、問題にどう手をつけるべきかわからず、ずるずると夏休みが終わってしまいました。

さすがに、このままではまずいと思ったとき、手ごたえを感じていた「微積で~わかる本」を思い出し、微積物理をもっと詳しく知ろうと、ネットで調べたところ、物理ネット予備校の存在を知りました。

著者の田原先生がやっているところだ、とわかったので、すぐにPDF版と応用編を受講しました。

はじめたのが秋と遅かったので、間に合うかどうか心配でしたが、通学中にPDFを読み、基本を速習できたので、年内に応用編まで終えることができました。

受講してよかったことのひとつは、いつでも質問ができることです。

僕自身が質問をしたのは一度だけでしたが、他の人の質問を見て、新たに気づくこともありましたし、いつでも質問できる場がある、という安心感をもって、勉強に臨むことができました。

また、メルマガでは、試験の心構えなど、役に立つことが記されていて、精神的な支えになりました。

「結果よりも自分のベストを尽くすことを目標にする」ということばで、とても気持ちが楽になりました。

受験前は、応用編の問題集で苦手な分野の問題を復習し、問題になっている現象そのものを理解することに努め、また、直前期にもらった田原先生の出題予想の範囲を中心に穴がないか見直しをしました。

センター試験では、予想的中のものもあって、余裕をもって解くことができ、高得点で、他の科目の失点を補うことができました。

個別試験では、難関大対策でのアドバイスを意識し、基本問題をすべて解くことを優先しました。

熱力学の問題で気体分子運動論関連が出題され、友達は焦ってあまり解けなかったと言っていましたが、僕はPDFの内容を思い出しながら、落ち着いて解くことができ、おそらくその大問は完答、全体でも8~9割正解できたと思います。

受講している中で、物理の根底にある原理から、すべての法則が導かれている、ということが、実感できました。

大学に入ってからも物理を勉強し、将来は研究職に就きたいと考えています。田原先生と出会わなければ、この物理の面白さを知らないままだったと思います。本当にありがとうございました。

顔_icon_image

フォンさん(北海道大工学部)

僕が田原先生の授業を受けはじめたのは、高三になる前の春休みでした。

二年のときまで物理が苦手だったわけではないのですが、 「微積で学ぶ物理」って何かかっこいいなという単純な気持ちで無料体験を受けてみました。

そこで、物理は公式の暗記だけだと思っていた自分の考えが間違っていたことに気づかされ、物理Web講座を受け始めました。

それからは物理を勉強するのがとても楽しくなり、また成績も伸びていきました。

パソコンの前で「おー!」と声をあげてしまったこともあるほど、田原先生の授業は感動の連続です。

先生の物理は、公式を導出から理解できるので、暗記するよりもはるかに楽であり、 また、どの公式を使えばいいのかわからないといったことには絶対になりません。

グラフを使った解法は、運動の様子がはっきりとわかるので、楽しく問題を解くことができました。

さらに、センター試験の対策もとても充実していたので、おおいに助かりました。

センター試験特有の問題に困ることもなく、本番も自信を持って受けることができ、高得点をとれました。

センター試験直前に田原先生のセンター予想の範囲をもう一度復習したことも、高得点の一因となっています。

二次試験では、数学で大きな失敗をしてしまったのですが、物理で9割程度とれたので、今回の合格に繋がったんじゃないかと思います。

田原先生の物理に出会ってなかったら確実にだめだったと思います。

一年間、ほぼ毎日授業を受け続けてきた結果がだせてよかったです。
本当にありがとうございました!

顔_icon_image

yuutaさん(同志社大学)

九月に学校で同志社の過去問プリントを渡されました。

『・・え・・全然わからん・・』

公式は大体覚えていたから大丈夫だと思っていましたが、 実際は使い方も公式の意味も全くわかっていませんでした。

もともと高校物理の授業はわかりにくいと感じていました。

それからどうするかを考えた結果微積分を使うという結論になりました

本屋にいくと『微積でといて得する物理』という本にたどり着 きました(田原先生の本は学参コーナーにはありませんでした ・・)

しかしその本には問題が八問位しかありません。

これじゃあ問題が少ないと思いネットでなんかないかなーって 探しているときにたまたまネットで田原の物理を見つけ、PDFを応用編を受講しました。

動画による説明は実際に授業を 受けているような感じで、疑問に思ったことがどんどん解消されていきます。

最初は問題演習できたらええかなーとおもっていました。

しかし体系化されたテキストは大変わかりやすくもう一度一から物理とは何かを学ぶ事ができました。

解法体系というやりかたも問題をとく際役立ちました。

「この問題はこーやってこーやってこーやんなぁ~」と たいていの問題は見た瞬間解き方がうかびました。

今まで持っていた物理に対するイメージががらっと変わり、物 理の勉強が楽しくなりました

物理ネット予備校の良いところは、たとえ話を使った分かりやすい説明、微積を使った公式の導出、対称性や周期性、グラフ を活かした解法だというのは当然なんですが、僕にとって良かったのは何度でも講座を受けられるということです。

応用編は3回くらい見ました(PDFは何回みたかわかりません。それくらい反復しました。)

このことによって分からないところを繰り返し見ることができ、理解を深め、考え方や解法を定着させることができたと思い ます。

そして同志社の入試

「同志社の物理ってこんなに簡単やったっけ?」

って思ってしまいました。

ほぼ物理満点でうかることができました。

国公立入試も物理は絶好調だったのですが、他教科でミスってしまい落ちてしまいました。しかしもしこれをやっていなかっ たら同志社も落ちていたと思います。

誤植が多くてイラッとしたこともありましたが、結果的には物理ネット予備校に出会えて本当に良かったと思います。

田原先生あ りがとうございました。

顔_icon_image

gollumさん(東京農工大学電気電子工学科)

僕がはじめて『田原の物理』に出会ったのは高校2年の夏ごろでしたが、 本格的に受講をはじめたのは高校2年の冬ごろでした。

はじめて『物理ネット予備校』を見つけたときは、 さっそく、無料体験で第1講を受講してみて、 その内容に感動しつつも、申し込みには至りませんでしたが、 次第に「この方法で勉強すれば、物理を得意科目にできるのでは?」と 思いはじめ、受講をはじめました。

はじめは漠然と「物理は数学の仲間」ぐらいにしか考えていませんでしたが、 第1講でその考えは払拭されました。

『ちっぽけな脳が大いなる自然を理解するために作り出された学問、それが物理である。』

ただただ、目の前の問題を解くだけでは面白くありません。

この大前提を学ぶことができたのは、自分にとって大きな契機になったと思います。

微分積分で解く、たとえ話、それ以外にも 解法体系が明確に示されているのも魅力のひとつだと思います。

解法体系が整理されていなければ、まったくのゼロから問題を解きはじめるのですが、 はじめから解く順序というものがあることを知り、その上で演習を重ねていくことで、 解ける問題がどんどん積み重なっていくのが実感できました。

解法体系が頭の中で整理されていき、どんな問題でも解けるんだという自信にもつながったと思います。

メルマガにも精神的に支えられました。

『志望校を変えることはゴールへのルートを変えるだけのこと』

その言葉を聞いて、はじめは後期も前期と同じところに出願するつもりだったのですが、 後期の出願校のレベルを前期よりも下げました。

結果的には前期で合格できたからよかったのですが、 後期のレベルを下げたことで、自分へのプレッシャーも減らすことができたと思います。

初志貫徹することはできなかったのですが、 センター、さらには二次の英語で失敗した僕にとって合格することができたのでは 田原先生のおかげと言っても過言ではないと思ってます。

ほんとうにありがとうございました。これからもがんばります。

顔_icon_image

Y.Mさん(東京工業工業大学第3類)

僕は現役時代、物理の学習方法に悩んでいました。

とにかく公式を暗記させられ、物理が苦手でした。

そして、苦手意識をもったまま受験になり、落ちてしまいました。

そこで浪人するにあたり物理をどうにかしなきゃいけないと思っていたところ、田原先生の本「微積で楽しく高校物理がわかる本」に出会いました。

これを読み、いままで何故この公式を使うのだろうとか、この公式はどうやって導かれたのだろうなどの疑問がなくなり、物理が好きになり、得意になっていきました。

そしてもっと田原の物理を学びたいと思い、ネットで応用編を受講しました。特に感動したのが、二体問題の解法です。

二体問題は複雑でイメージしにくいのですが、解法がとても分かりやすく体系的にまとめられていて、これには本当に助けられました。

センターは失敗してしまったのですが、二次試験は田原の物理のおかげで8割くらいとれたと思います。

田原の物理を受講して本当に正解だったと思います。
田原の物理に出会わなければ合格もなかったことと思います。

なにより物理がこんなにも面白いものだったことに気付かせてくれたことに感謝しています。

今は大学で物理をもっと学びたいという気持ちでいっぱいです。
ほんとうにありがとうございました!

顔_icon_image

ホンさん

「田原の物理基本編」は、物理が苦手な自分にとって最適なものでした。

初めて勉強する解き方や考え方だったのでとてもびっくりしましたし、わかってくるととても楽しく感じることができました。全体的にも自分がわかるようなたとえ話が多くてとても分かりやすかったです。

特に自分は力学・電気の分野が印象に残っています。

まず、力学は田原の物理特有の微分・積分の考え方や、グラフの対称性を利用した考えに驚きました。

これらの考え方でいままで数値で考えていたのが運動の本質がわかるようになって、かなり効率よくかなり効率良く問題が解けるようになってとてもスッキリしました。

もちろん初めての解き方でしたので最初はわからないところがあり同じところを何度も再生して見たりしました。

しかしこれが田原の物理の良いところで、分かるようになるまで見ることができたのでとても助かりました。

次に電気ですが、これも様々な分かりやすいたとえ話でいままでなかなかイメージすることのできなかった現象をイメージすることができて、問題で何をすべきかということがよく分かりました。

また、私は電気回路がにがてでしたが、回路方程式の解法が分かりやすくとても良かったと思いました。

力学や電気だけではなく他にも色々なところで自分にとって初めての解き方・考え方がつかわれていて本当に驚きの連続でした。

だから、これからも知識や問題を解くための技術を身につけていきたいです。