Top >  01大学受験物理・問題集レビュー >  良問の風

良問の風

[難易度] 

中級

[形式]

簡単な基本事項の後に問題があり、別冊で解答・解説がある形式

[問題数]

136問

[特徴]

『物理のエッセンス』、『名問の森』の著者が書いた標準問題集です。

標準からやや難レベルの頻出問題が扱われています。

河合塾のデータ分析に基づいて頻度分析された問題を選定しており(たぶん)、扱われている問題の質はとてもよいです。

解説は、『物理のエッセンス』で扱っている解法と同じやり方です。

各分野の解説の特徴は次の通りです。

力学:運動の3つの公式を使って解いていく解法。力のモーメント・摩擦力の解説は詳しい。
波動:進行波や定常波は規則性を使った解法でよい。ドップラー効果は公式中心だが、問題を解く中で仕組みを説明している。干渉は光路差で計算しており分かりやすい。
電気:電場の説明は、図が多く分かりやすい。コンデンサー回路は電位を変数にとって、電荷保存則で問いていく解法がメイン。
磁気:電磁誘導は、vBlと、電磁誘導の法則で大きさ、レンツの法則で向きを決める解法の使い分け。電池とみなせ!など、解答のコツが詳しい。交流は暗記。
熱:p-Vグラフと仕事の関係は詳しい。状態方程式を立てて、比を取って計算するところがよい。


[参考サイト]

医学部 再受験.net
医学部 社会人.net

[参考サイト] 医学部 再受験.net 医学部 社会人.net

 <  前の記事 新・物理入門  |  トップページ  |  次の記事 物理I・Ⅱ基礎問題精講(旺文社)  > 


このページについて

このページは「大学受験の問題集・参考書レビュー~大学受験・センター試験のおすすめ問題集・参考書」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

メールマガジン
カテゴリー