微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

フィズヨビ講習会(第4期)磁気マスターになろう!

みなさん、お待たせしました。
いよいよフィズヨビ講習会(第4期)が始まります。

今回のテーマは、「磁気」

ファラデーが発見した電磁誘導を軸に、豊かな世界が展開します。

磁束という概念をうまく捉えられるかどうかが、磁気をマスターするための鍵を握ります。

2週間、重点的に取り組めば、磁束→電磁誘導→コイル→LC回路 と概念を積み上げていくことができます。

フィズヨビ講習会とは?

フィズヨビは、受講者のみなさんが、物理を学ぶのと同時に、生きる力を身につけることを目指して、創発的な場を創っています。

私たちは、創発的な場の中に入ると、自然とやる気が出てきて、自分の中からエネルギーが溢れ出てくることを感じることができます。

そのような場を、自ら創れるようになると、学ぶこと、働くこと、生きることが楽になり、自分らしく力を出せるようになります。

受験勉強によって、自分らしく生きることから切り離されていくのではなく、自分らしく生きる力を使って受験を乗り切っていく方法はないだろうかと考えた末に、この方法にたどり着きました。

 

フィズヨビ講習会では、みなさんが一歩踏み出すところからすべてが始まります。

そして、踏み出したところから、学び合いの渦が回っていきます。

学び合いの仕組みについては、こちらの動画をご覧ください。

磁束という、本来、目に見えない概念をシミュレーションによって可視化して、体験的に理解していくという方法も取ります。このような電気回路シミュレーションを各自が組み立てて理解を深めます。

創発的な場が持っている力は、体験を通してのみ学ぶことができます。

いくら理屈を並べても、実際に体験しないと、身体知として染みこんでいかないのです。

 

フィズヨビ講習会では、そのような場を体験してもらい、大学受験にとどまらない生きていくための知恵を分かち合っていきます。

講座内容

3回のリアルタイムセッションと、Moodleのフォーラムでの学び合いを行います。

Zoomというビデオチャットを使ったリアルタイムセッションの内容は、以下の通りです。

11月7日 20:30-22:00 オープニングセッション

チェックイン

学びについて

ブレークセッション

電気力線とコンデンサ

ブレークセッション

チェックアウト

11月14日 20:30-22:00  第1週振り返りセッション

チェックイン

第1週振り返り

ブレークセッション

電磁誘導の解法のコツ&シミュレーターの使い方

ブレークセッション

チェックアウト

11月21日 20:30-22:00  第2週振り返りセッション

チェックイン

第2週振り返り

ブレークセッション

より理解を深めるためには

ブレークセッション

チェックアウト

講習期間中には、田原がMoodleに問題を出していきます。

参加者は、それに対する答案を作成してスキャン、または、写真に撮り、Moodleの掲示板にアップロードしていきます。

分からないところは、参加者同士で教え合い、質問したり、説明したりすることによって理解を深めていきます。

田原は、質問によって思考を深めたり、コミュニケーションを繋いだり、分からないことに回答したりしながら、参加者の学習サイクルが回ることをサポートしていきます。

Zoomを使ったセッションにすべて参加できない人も、録画動画を見てキャッチアップできますので、意欲的に参加してください。

受講者特典

講習会の受講者限定で、以下の動画をプレゼントします。

(1)磁気分野全体を俯瞰するための解説動画

(2)各問題について、どのような頭の使い方をしているのかをしゃべりながら解く予習用解説動画

(3)磁気回路シミュレーターの使い方

(4)田原の物理(磁気分野)の講義を2講(6000円相当)

お申し込み方法

参加費 : 講座修了後に好きな金額をお支払いください。

※学びの消費者ではなく、学びの創造者であるためのマインドセットを整えるためです。

お申し込みはこちら

受講者の声

第3期に参加した皆さんの声です。

●yukoさん
今回も大変有意義な学びが出来ました。定義、グラフの読み方、現象の原因と結果などで、思い違いや曖昧に覚えてしまっていたところを他の人の質問などで多く発見出来ました。勘違いというものはなかなか自分一人での修正は難しく、学び合いがとても役立つと感じました。
ありがとうございました!
●ミドリ牛乳さん
なかなか、時間が取れなかったので、動画を見るのも、問題を解くのも、Moodleへの書き込みも土日に集中しました。でも学ぶって楽しいです。自分の中でかみ砕いて理解するところが楽しいです。書き込みへの皆さんの書き込みも楽しかったです。フィズヨビでは共通言語が物理なのでさらに楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

●TKさん
田原先生、今回は大変おせわになりました。

昔、お笑いが好きで、よく8時だよ全員集合をみていました。
その中でコントを30分くらいするのですが、ドリフターズのファンの中では、ボケやツッコミも何もしない、笑いを全く知らない様な高木ブーに対して、高木ブーはいらない論がありました。
しかし、8時だよ全員集合が終了するまで、高木ブーは辞めさせられることはありませんでした。
それは、高木ブーには、いかりや長介のツッコミ、志村けんや加藤茶のボケを引き立たせる役目があったからです。

フィズヨビ講習会でいえば、高木ブーは、電気の何たるかを知らないトンチンカンな質問をする質問者の様なものです。
それは講習会の場を引き立たせる役目を果たしたし、解答者に熱をもたらした様に思います。

講習会では、それぞれ、みんなときに高木ブーになり、ときに志村けんになりました。志村けんをやっていると思いきや高木ブーだった事もありました。

フィズヨビには、参加者しかいないので、高木ブーの様に辞めさせ論が出ることはありませんでしたし、自分もトンチンカンな質問をする事に罪悪感を持たなくてもよくなりますから、まるでトンチンカンな質問をしてくれている人を見ると私はありがとうと思うようになりました。

 

是非分からないなら次々とトンチンカンな質問をして行きたいと思いましたね。ドンドン場を引き立たせて行ける人になりたいと思う講習会でした。

みなさん、ありがとうございました。

 

●Kuriさん
こんにちは。
これまでは、1人で物理を勉強してきたのですが、なかなか思うように進まず、焦っていた時に講習の案内が来たので、決まった時間で電気分野を身につけよう!と思い、参加させていただきました。
実際に参加してみて様々な状況の方がおられ、また受験生も多く、励まされました。色々な人の意見を聞く中で自分では気づかないことなども教えていただき、効率よく、深く、短時間で学べました。
力学のときから参加しておけばよかったと何度もおもいます。
次回も楽しみにしています。
センターも近づいているため、なるべくはやくしていただけると、受験生としてはありがたいです。
身に付けたことはたくさんありましたが、バイトもできないため、少ししか受講料払えないことをお許しください。
これからもよろしくお願いします。

 

●shiraさん
人数が増えてとても面白かったが正直なところです。
でも自分のペースに合わせて理解することが難しかった。スピード感が欲しいです。次回も楽しみにしてます。

 

●hk246さん
今回でこの講習会に参加するのも3回目になりました。この場にももう慣れて、あまり新鮮な感じがしないだろうなと始まる前は思っていましたが、初日に大勢の方々がいらっしゃったのを見たときはとても驚いたのを覚えています。

人数が多かったおかげで学び合いが活性化し、その中で多くのことが得られました。自分では気づかないことや気にしないようなことを他の人が質問してくれたり、それに対して自分なりに答えを模索してみたりする中で、電気に関する様々な概念が自然と理解されていきました。

問題を解いて解答を上げるだけで終わらず、その後の活発な学び合いをすることは、明らかに自分で参考書や教科書を読んだりするより深い学びが得られ、しかもとても楽しいと感じました。次回の講習会も高校生、大学生、社会人の枠を超えた、多様なバックグラウンドを持った方々との学び合いができることを楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

●5点 たけしさん
皆さま、ありがとうございました。

この2週間あたまの片隅に講習に関することがありました。ジョギングしていても普段は疲れるなぁくらいだったのですが、噴水をみては予習動画のクーロンの本数を調節しているaQのつまみはあんな感じか?とか、夜、車を運転しては、アドバイスをいただいた電荷のイメージを感じ、信号とか街灯とかみてました。これまで各問題の最後の方はわかんなくてもいいやくらいでしたが、皆さんの答えに向かう姿勢に刺激を受けて、もう1回やってみました。皆さんパッと答えが出ているわけでなく、段階をふんで行き着いていることも参考になり、自分も答えに向かっていこうと思いました。

最後のセッションで先生がお話されていたり、今村さんがチャットされていた概念の獲得が大事だと思いました。今村さんやMuttaさんの解答はセッションの議題であった電気の難しさなど無い感じでした。概念があると問題文からの問がスーーーっと入ってくるのではと思いました。自分としても今まで、問題集の解答や断片的な式をなんにも考えずそのまま頭に詰め込もうとしてました。B=RI→ブリとかC=ASそのまんまとか。解答から概念を得ようともしてました。が、もっと前の段階の問題文に出ている電界、電位といった単語から問題文で起こっている現象についていけるようにしていきたいです。

今回、問4まで行けなかったことに悔いが残ります。Moodleがよくわかりませんがロスタイムで(問4の最後に書きましたが)今週か来週まで動画の授業とかまだ見れたらと思います。予習動画1・2からの概念獲得や問4のヒントからの流れもそうですが、跡部さんのまとめも同じ動画を見たとは思えなくかなり勉強になりました。

アインシュタインの双子の仮説も図書館で借りてみたいです。

 

●Hideさん
お疲れ様でした。
体験としては、回路方程式が原理であるというのが体の中に入ってきた感じがしたことです。また、電荷保存則を自信をもってこれからは使えるだろうと感じたことです。
概念のピースを埋めるというのは忍耐もエネルギーも必要と思いますが、田原先生の言葉を信じて電験に限らずピースをはめてジグソーパズルを作って行きたいと存じます。
多様な方がおられたのも刺激になりましたが、機会がありましたら電験だけで講習会の開催をお願いします。
ありがとうございました。

 

●Meiさん
今回の講習会の初めに自分はこの講習期間にどうなりたいのかを明確に決めました。
一つ目は、回路方程式を用いた田原式の解法を使えるようになること。
もう一つは、電気分野の理解を深めて第一志望の過去問で7割程度解けるようにすること。

一つ目は達成することができましたが、残念ながら二つ目はまだ達成できていません。
ですが磁気分野でも講習会が開催されるそうなので、それまでに達成できるようにすると決め直しました。
講習会の初めに各自目標を掲げるのですが、自分以外の人に目標を公言するとそれを達成するためにより勉強できるので、有意義な講習期間を過ごせたので、初めに決める事の重要性を改めて感じました。

今回の講習会は電気分野を克服して講習会に積極的に参加するという決意の元 始めたものの、私は人に教えられるほど物理ができるわけでは無いので質問に対し答えを出すことが出来ず、あまり積極的に参加できませんでした。
田原先生のこの講習会には何度か参加していて、初めの2回ほどはわからないことだらけでよく質問をしていたと記憶しています。講習会だけで余力がありませんでした。
ですが今回の講習会では、まだ人に教えられるレベルには来ていないものの、講習会自体を自分の勉強のペースメーカーにできていたので以前より少しは成長していているのだと実感が湧いた点だけが救われました。
次回の磁気分野も是非参加したいです。宜しくお願い致します。

最後になりましたが、次回の講習会参加を検討されている方へ

このような形の講習会に初めて参加する場合、自分は何もできないのではないかと不安かもしれません。
何が分からないのかも分からない人、勉強し始めで疑問が沢山ある人、ある程度理解はしていても人に説明できるところまでは来ていない人、人にもわかりやすく説明できる人。。
幅広い年齢、幅広いバックグラウンドを持つ様々な人が参加しています。
初めは何かアクションを起こす事が怖いかもしれませんが、疑問を投げかけたら返してくれる人がいたり、同じ目標に向かって学ぶ同志がいたり、純粋に物理を学びたいと参加されている方がいたり…
と結構楽しい世界が広がっています。
アクションを起こせなくても、講習期間を勉強のペースメーカーに使っている人達も何人もいます。こうでなければならない、といった硬い枠組みはありませんので、もし気になりましたら是非参加してみてください。

お申し込みはこちら

コメントを残す