微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

A5.磁気

講座内容

磁気

  • 20.ローレンツ力
  • 21.電磁誘導(1)
  • 22.電磁誘導(2)
  • 23.過渡現象
  • 24.交流回路
  • 25.電子発見の歴史

数学入門

  • 1.三角関数(無料)
  • 2.ベクトル
  • 3.微分
  • 4.積分(区分求積)
  • 5.積分(基本定理)

 

田原の物理の「磁気」の特徴は次のとおりです。

●ローレンツ力のはたらく荷電粒子の運動を分析と総合で説明
    →簡単な2つの運動の合成として理解できる。

●微積分を使った電磁誘導の解法
    →ファラデーの電磁誘導の法則は微積分を使うとすっきり分かる。

●微積分を使った回路の解法
    →LR回路の過渡現象やLC回路の電気振動を厳密に理解できる。

●微積分を使った交流回路の解法
    →ベクトル図や位相変化、リアクタンスを暗記しなくても微積で一発!

●「比電荷の測定」「ミリカンの実験」も収録
    →原子と分子の運動の試験範囲に対応しています。

田原の物理「磁気」は、あなたの物理に対するイメージを、きっと、大きく変えてしまうことでしょう。

 

講座の詳細

テキスト 『田原の必修物理』
『オリジナル問題集』※phys-comでダウンロードできます。
対象
  • 磁気をはじめから学んで、入試の標準問題を解けるレベルに到達したい人。
  • 中学3年生~受験生→大学入試対策に対応
  • 編入試験の基礎固めとして
  • 電験3種の基礎固めとして
  • 生涯学習として

※有料講座をご購入いただいた方には、『数学入門講座』(全5講)をプレゼントします。三角関数(無料)に加えて、ベクトル、微積分など物理に必要な数学を学ぶことができますので、中学3年生から受講することが可能です。

講義時間 1講義の受講目安は120分です。
(講義収録時間およそ90分/問題練習の目安およそ30分)
※数学入門は、1講義の収録時間が約60分です。
講義数 11講 〔電磁気(6講)・数学入門(5講)〕

※無料講義1講を含みます。

講義形式 PCの画面をホワイトボードのように使い、音声と手書きによって授業が行われる形式の動画です。ストリーミング、または、mp4形式の動画ファイルをダウンロードして視聴できます。PCからもスマートフォンからも視聴可能です。

講義は、基本事項を基礎から説明します。その後、オリジナル問題集の問題を2~3題解説します。

※著作権の保護のため、講義は2018年3月末までの期間限定となっております。期間を過ぎると、phys-comで受講することが出来なくなりますので、ご了承ください。

講座内容 磁気 (物理基礎・物理)
開講期間 ※開講期間中は質問にも対応します。過去の皆さんからの質問はphys-comでみることができます。

質問の仕方についてはこちら

※開講期間中は、講義を何度でも見ることができます。

※年度の終わりに更新手続き(更新料5250円(税込))をすると、翌年度も引き続き講義を受けることができます。 無料更新のキャンペーンもございます。

更新手続きについての詳しい情報はこちら

お支払方法 以下の支払方法が可能です。
価格 20,790円(税込)

 

ご購入はこちらから






購入前に必ずお読み下さい。
銀行振込はこちら