微積分を使ったわかりやすい「田原の物理」オンライン講座。東大、京大合格他、医学部再受験、学士編入、電験三種、弁理士試験など社会人にもおすすめ

弁理士試験に向けて学ぶ

弁理士試験、選択科目の「基礎物理学」の対策講座です。基礎物理学は、大学初学年レベルの力学が出題内容です。このレベルの力学の半分は、高校物理を微積分で学び直すという内容ですので、高校物理を微積分で教える「田原の物理」が、そのまま、半分の内容を網羅します。残り半分は、大学に入って習うテーマですが、「田原の物理」の解法を拡張することで理解することができます。基本編(力学)で高校範囲を押さえ、基礎物理学対策で、大学で習う範囲を押さえると、全範囲を網羅することができます。

基本編

  • A1.力学(8講)
  • A8.PDF版(50講)

弁理士試験対策

  • E1.基礎物理学(5講)