Top >  02大学受験物理・参考書レビュー >  新・物理入門

新・物理入門

[難易度] 

中級~上級

[対象]

微積分を使って高校物理を本格的に学びたい受験生

[特徴]

『新・物理入門』は、駿台予備校の主任である山本義隆氏の書いた参考書です。

高校生が微積分を使って物理を学ぼうと思ったら、長い間、この本しかありませんでした。

前書きで、「物理とは何か」ということが、根本から説明されます。

この本の特徴は次の通りです。

①議論を厳密に展開する。

そのため、初心者は難しく感じるが、分かり始めると、曖昧さのない記述が明解に感じるようになります。

②説明に使用する数学を、基本的に高校数学の範囲に限定している。

大学の教科書の説明をそのまま持ってきたのではなく、著者によって、十分咀嚼された説明がなされます。

③理解と問題を解くことが直接結びつかない

公式物理の参考書は、とりあえず問題を解けることを第1目標に置くため、ステップバイステップで、解法を説明するのに対し、この本は、解法についてはほとんど述べません。物理の仕組みをひたすら厳密に説明します。公式物理の参考書に慣れた受験生にとっては、突き放されたように感じるかもしれません。

微積分を使って高校物理を学ぶための入門書としては、『微積で楽しく高校物理がわかる本』があります。



[参考サイト]

医学部 再受験.net
i医学部 社会人.net

 <  前の記事 微積で楽しく高校物理がわかる本  |  トップページ  |  次の記事 良問の風  > 


このページについて

このページは「大学受験の問題集・参考書レビュー~大学受験・センター試験のおすすめ問題集・参考書」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

メールマガジン
カテゴリー